「ほっ」と。キャンペーン

すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

おでかけミュージアム in 数寄和大津「小倉遊亀と滋賀ゆかりの画家たち」

滋賀県立近代美術館が出来たのは、私が大人になってからの事でした。
滋賀には、それまで美術館はありませんでした。
京阪電車に乗って岡崎にある、京都市美術館へ。
それが、滋賀に美術館が出来、文化ゾーンができ、嬉しく感じていました。
数寄和大津を開廊して、滋賀県立美術館へ足を運ぶことが増えました。
もうすぐ美術館は、お休みして、そして、新しい美術館となります。
いろんな機会に、いろんな人の、美術館に対する思いをおききしました。
美術って人にとって、どんな役割なんだろう?
美術館、そして、ギャラリー、、、
どうしたら、多くのひとに、絵を観る楽しさをお伝えすることができるんだろう??
そんな日々の疑問符を吹き飛ばすような、小倉遊亀さんの言葉が、まず、数寄和大津の壁に映し出されて、
素晴らしい!と思いましたので、ご紹介しますね。
f0203477_13452438.jpg

f0203477_13474256.jpg

大津生まれの小倉遊亀さんが、大津高校の前身の大津女学校で学ばれて、奈良女子大学へ。
国語の先生となられたのですが、25歳から、安田靭彦に入門されます。
けっして裕福な家庭の子女ではなかった小倉遊亀さん。
その絵には、多く、子どもが描かれていますのも、先生であった小倉遊亀さんならではなのですね。
小倉遊亀さんは、師の安田靭彦から、こう言われたそうです。
「一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入りますよ。」
女学校時代の恩師の一人、東京美術学校出身の横山常五郎が、小倉遊亀さんが
この上なく憧憬した「法隆寺金堂壁画」と同じ線を今引けるのは安田靫彦しかいない、と教えて、
遊亀さんは、安田靭彦に師事することとなったようです。
小倉遊亀さんは、名古屋へ、そしてもっと東へ。横浜で教鞭をとるようになります。
そして、43歳でご結婚。
ギャラリーの壁に映し出される作品は、滋賀県立近代美術館で、よく拝見する作品が多くあります。
どうしてかと言いますと、小倉遊亀さんは滋賀県立美術館が出来たとき、ご自身のたくさんの作品を寄贈されました。絵が描きたくて東に行かれて、東に住まわれたのにも関わらず、故郷へ、ご自身の絵を。
なんと素晴らしく、そして有り難いことでしょう。

教え子。孫。描かれた絵のなかの子どもを見ながら、小倉遊亀さんの愛情を感じずにはいられません。
観音菩薩さまも、花々も、小倉遊亀さんの眼を通し、心を通し、絵筆を通し、息吹きを与えられて、絵のなかに存在しています。

小倉遊亀さんが、大津に美術館が必要だとおっしゃたこと。
女性であったこと。
国語の先生だったこと。
105歳まで絵筆を持ち続けられたこと。
そして、母校、大津高校の緞帳に、小倉遊亀さんの絵があったこと。
いっぱい、いっぱい元気をいただける、生きざまです!

滋賀は広くて、数寄和大津ができて、一年してから、
湖北のひとが、新聞に開廊時に載せて頂いた新聞の記事を持って訪れてくださいました。
滋賀にギャラリーができた。一度、ぜひ、来たかった。
美術は、いま、このカラダに栄養を運ぶ食べ物とは違いますが、けれども、美術は、人に愛を運ぶように思います。
f0203477_14271783.jpg

f0203477_14213613.jpg
f0203477_14221629.jpg

その後は、滋賀ゆかりの画家たちで、山元春挙と岸竹堂についてのお話がありました。
それぞれ、キーワードを設けて、お話いただき、初めて聞く人にも理解しやすかったように思います。
f0203477_1431086.jpg
f0203477_14311262.jpg
f0203477_14312450.jpg

竹堂は虎をいっぱい描いていて、春挙は雪と松をいっぱい描いていて、絵を描くひとは、何度も、なんども、そのものに近づこうとします。描こうとするもの。描きたいもの。
大津に美術館が出来て、そして、そのほんの近くに数寄和大津を開廊して11年。
数寄和の歴史は、これからです!
小倉遊亀さん、ありがとうございます!!
滋賀県立近代美術館の学芸のおふたりにも、感謝です。素晴らしいお話を有難うございました。
それから、差し入れをしてくださった、常連のかた。
この間の建部大社の筆あそぶの様子の写真をくださった常連のかた。
いつも、ほんとうに、有難うございます!
お運びいただきました方々、いっしょに時間を過ごせて有難うございました。
気にしていてくださった方々、ブログでは、2時間のお話を書ききれませんが、
なんとなく、ちょっとだけ、あたたかな気持ちや、頑張ろうの気持ちになっていただけたらな。と思います。
アンケートには、こんな一文がありました。
「美術の愛好家のひとびとに。もっと美術の素晴らしさを広げていってください。」
まったくもって、その通りだとおもう、おでかけミュージアム後でした。
小倉遊亀さんについて、わたし、どれだけ知っていただろう。お恥ずかしい限りです。
滋賀・大津に生まれてよかったです♪そして、滋賀大津の数寄和で働くわたし!がんばります!

滋賀県立近代美術館のホームページのお知らせをしておきます!
ぜひ、小倉遊亀さんや滋賀ゆかりの画家さんの絵をご覧くださいませ。(3月中に、ぜひ!)
http://www.shiga-kinbi.jp/
f0203477_1448213.jpg

f0203477_144943.jpg

朝日聡子展 『光束』
数寄和 2017/1/28(土) – 2/10(金) 11:00 – 19:00
数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休

公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展を開催いたします。

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
f0203477_14501687.jpg

[PR]
# by 555sukiwa | 2017-02-20 15:04 | 近江 | Comments(0)

2月19日日曜の午後は、おでかけミュージアム in 数寄和大津

小倉遊亀さんは、滋賀大津生まれの日本画家さんです。
滋賀県立近代美術館の学芸員の方々が、お越しくださり、約2時間おはなししてくださいます。
お気軽にお越しください。遅れないよう、宜しくお願いいたします。
f0203477_16492392.jpg

[PR]
# by 555sukiwa | 2017-02-17 16:49 | 近江 | Comments(0)

京都市立芸大卒の仲間たち(西荻の数寄和にて開催中!)

f0203477_16164880.jpg

f0203477_16174838.jpg
f0203477_16182021.jpg

絹に描かれた、作品が、現在、西荻の数寄和の壁面に並んでおります。
絹は、織物ですから、経糸、緯糸があります。
その絹に描く魅力は?ときかれますと、
光沢があり、線か利いていたり、色の浸み込みが美しかったり、、、
絹の魅力はいっぱいあるのだと思います。
その絹に魅力を感じ、昨秋9月には数寄和大津で展覧会。
それまでには、勉強会もいたしました。
いま、西荻の数寄和で開催しております。
絹の作品の魅力も、ぜひ、ご覧いただきたいのですが、
手漉きの紙に描かれた、職人さんの奥深い世界があります。
こちらも、ぜひ、ご覧いただきたいです。
また、小作品も、それぞれの作家の個性が光っております。
ぜひ、展覧会へと足をお運びくださいますよう、どうか宜しくお願いいたします。
f0203477_16254031.jpg

京都市立芸大卒の仲間たち展

数寄和 2017/2/12(日) – 2/19(日) 11:00 – 19:00

艶、透、美しい絵絹に魅力を感じた8 名によるグループ展です。
絹本作品を中心に手すきの紙に描いた作品、小さな作品を発表します。
ぜひご覧ください。
f0203477_16275428.jpg

さて、数寄和大津の展覧会のお知らせです!

朝日聡子展 『光束』

数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休

公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展を開催いたします。

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
f0203477_16292630.jpg

2月19日は、数寄和大津ではー
お出かけミュージアム イン 数寄和大津
ということで、滋賀県立近代美術館の学芸員の方が、
小倉遊亀さんと滋賀にゆかりの画家さんたちについてのお話をお聞かせいただきます。
午後2時から午後4時。
お問い合わせは数寄和大津077-547-3209(あさだ)まで。

絵をいっしょに楽しみましょう!
それから、、、
数寄和大津では筆あそびワークをご希望の方に開催いたします。
ぜひ、筆をもって、楽しい時間を過ごしましょう。
[PR]
# by 555sukiwa | 2017-02-15 16:33 | すきわ日和 | Comments(0)

京都市立芸大卒の仲間たちが、西荻の数寄和で開催中です。

初日、行ってまいりました!!!!!
f0203477_15553528.jpg

これは、数寄和の看板です。
数寄和は、和が数寄なひとが集まる場として、ギャラリー空間があります。
表具屋ですから、和の好きなひとが、何処かでお集まりになって、そこに絵があること、掛物があること、、、
つまり、よい仕事が出来るように、日々精進しております。
さて。
「京都市立芸大卒の仲間たち展」が、西荻の数寄和で始まりました。
初日に間に合う様、前日から、向かいました。
こちらは雪。新幹線も40分ほど遅れておりました。
しかしです!
名古屋からは、青空が広がっているのに、わたしというと、ペットボトルの富士山と、お弁当も富士山と、富士山をとてもとても意識しながらも、青空が広がっているのにも気づきながらも、
なぜ、富士山を新幹線の窓から見ようとしなかったのでしょうか!!!!!
隣のひとが、なぜ、立ち上がり、窓へと向かわれたのか?はっと気づいたときには遅かった。
その隣のひとの、写メにて、富士山を拝見!!(世の中には親切なかたがおいでなのですよね♪有難うございます!)
雪で遅れている新幹線に反応して、雪景色、雲に覆われた空を見つづけたあと、
富士山が見えないと無意識に思い込んでおりました。
その後、青空が広がってきたというのに。
ひょっとしたら、このわたしの人生も、そうじゃないのかな?と考えました。
現在、青空が広がっているのに気付いていないのかも知れません。
f0203477_16382767.jpg

2年半後、わたしは、近江富士(三上山)に登ります。
それまでにも、登るかも知れませんが、二年半後は、かならず、登ります。
なぜって、この地より地球半周分の距離がありますブラジルから
数寄和が大好きなシルバさんが、2年半後にきてくれるからです。
その時は、いっしょに、登ろうと約束したからです♪嬉しいな。近江富士は、二つとあらず。
二年半後の、その一期一会も、そのときにしかないのですよ。
さてさて、2年半後まで、2年半あります。
それまでに、その時、観る風景が最高であるよう、近江富士の美しさに気づく感性を磨いておきたいものです。
f0203477_16433453.jpg

と、いうことで、みなさまも、感性を磨きに数寄和へ、絵をたのしみにお越しくださいませ。
「京都市立芸大卒の仲間たち展 」
数寄和 2017/2/12(日) – 2/19(日) 11:00 – 19:00
艶、透、美しい絵絹に魅力を感じた8 名によるグループ展です。
絹本作品を中心に手すきの紙に描いた作品、小さな作品を発表します。
ぜひご覧ください。
f0203477_16554173.jpg

f0203477_1656573.jpg
f0203477_16563039.jpg

ぜひ、お運びくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
ふと、社長の挨拶をききながら、作家のみなさんが、頷いていた、お姿に
とてもあたたかな気持ちになったのを思い出しました。(数寄和大津 麻田有代)
[PR]
# by 555sukiwa | 2017-02-13 17:03 | ふるさと | Comments(0)

ええラジオ体験してきました!youtubeだよん♪

ええラジオTVCafe - YouTube 数寄和大津
https://www.youtube.com/watch?v=7XzeRSv_ZqM
お時間許しましたら、ご覧くださいませ!
豊田さん、みちるさん、有難うございます。
感謝の気持ちで、いっぱい♪ですので、ブログにも、アップしておこう!と、思いました!
ええラジオのスタジオは、大津曳山展示館の隣です。大津の町の魅力を発信してくださっておりますよー♪
お二人の関わるイベント・・・たいへんアットホームな空間をつくっておられて、わたしも、いつも参加したいなって思います!

さて。
話のなかで、出てくる展覧会のお知らせです。

朝日聡子展 『光束』

数寄和 2017/1/28(土) – 2/10(金) 11:00 – 19:00
数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休

公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展を開催いたします。

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
f0203477_13155282.jpg

生まれ育った町の、
滋賀の魅力って、なんだろう?大津の魅力ってなんだろう?と、いつも思います。
いっぱいあるのだけど、ちゃんとは知らない。なんでかな?
企画した展覧会の魅力、手すきの紙や、表具。額装の魅力とともに、
その魅力もいっしょに発信できたらよいな。と思いながら、
神社やお寺や、瀬田の唐橋や、・・・滋賀や大津を歩きながら、いろんな人の、町を愛する心に触れました。
町の歴史は、樹齢1000年、2000年の樹のように、静かでもあるけれど、やはり、奥深いです。
それぞれの町の息遣いが、聴こえてくるときがありますね。
大切なのは、歴史に感謝して、いま、この今を生きることなんだろうな。と、おもっています。
一期一会を大切に、生きたいと思います。
どうぞ、これからも、宜しくお願いいたします。
これからお会いできる人、どうか宜しくお願いいたします。
一生のうち、会える人って、どれだけいるんだろう?
そう思うと、素晴らしいことですね。いま、一緒に、笑えることって。数寄和大津 麻田有代
f0203477_13245771.jpg


そうだ!2月19日は、おでかけミュージアム イン 数寄和大津
滋賀県立近代美術館の学芸の方々が、大津出身の日本画家小倉遊亀さんと滋賀所縁の画家の方々のおはなしをしてくださいます。午後2時から午後4時。遅れないように、お越しくださいませ。
[PR]
# by 555sukiwa | 2017-02-10 13:27 | ふるさと | Comments(0)

建部大社の節分祭。これからの数寄和大津スケジュール

みなさま、如何お過ごしですか。
節分は、このあたり、青空が広がるお天気でした。
そこで、予定通り、建部大社さまの、節分祭へ。
たくさんの人が、豆まきご神事や、伊勢お神楽を楽しみに来られるなか、
わたしも、筆遊びコーナーを境内でさせていただくこととなりました。
f0203477_16554180.jpg
f0203477_16562453.jpg

立春は雨降りでした。
どの天気も、いのちには、必要です。
どうぞ、皆様にとって、素晴らしい2017年となりますように。

数寄和大津では、現在、Cincin!展を延長しております。

三月には、朝日聡子さんの個展を開催します。
どうぞ、お越しください。

朝日聡子展 『光束』


数寄和 2017/1/28(土) – 2/10(金) 11:00 – 19:00
数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休

公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展を開催いたします。

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
f0203477_1705088.jpg

それからです!2月19日は午後2時から、おでかけミュージアムで、滋賀県立近代美術館から学芸員の方がお越しいただき、小倉遊亀と滋賀ゆかりの作家たちというタイトルで2時間お話をしてくださいます。
お問い合わせは、数寄和大津のあさだまで。(077-547-3209)

数寄和大津では、表具のこと、紙のことも、随時、ご相談承ります。
どうぞ、お気に入りの作品の軸装額装をお任せくださいませ。
f0203477_1744752.jpg

[PR]
# by 555sukiwa | 2017-02-06 17:05 | ふるさと | Comments(0)

展覧会Cincin!開催中です。延長します♪(数寄和大津)

みなさま、如何お過ごしですか。
同じ滋賀とはいえ、少し東や北や西にいくと、そこは、雪。辺り一面雪景色。
が、続きました。
明日は旧暦のお正月。そして、節分もやってきますね。
春がもうそこまで、やってきています。
そんな訳で、せっかく観に行こうと思ってくださっていた方々もおいでですし、
この展覧会、小さな作品が50点も並んでいるのですが、一枚、一枚、とても魅力的な作品ばかり。
CINCIN!  数寄和大津 2017/1/14(土) – 1/29(日) 12:00 – 18:00 火休
と、29日までの展覧会でしたが、
30日月曜日正午から午後7時半。
31日火曜定休日
2月1日水曜日正午から午後6時
2月2日木曜日正午から午後7時半。
と、展覧会を延長いたします。
f0203477_18414059.jpg

f0203477_1842251.jpg
f0203477_18424919.jpg

絵は不思議です。
こんな風に、画像をアップしていると、それで、観たようにおもう方がおいでですが、
パンの写真をみて、美味しそうだと感じますが、食べないと味がわからない。お腹が満足しない。ように、
絵も、そうなのです。
平面作品の素晴らしさは、実際に目の前に立って、そこで、時間を過ごすから、伝わるのです。
ぜひ、お運びいただき、絵を楽しんでください。
f0203477_18461891.jpg

2月3日は、建部大社の、節分祭に、わたしも、参加させていただきます。
11時から、境内で、筆遊びワークをしようと計画中です。
f0203477_18494444.jpg

f0203477_18495611.jpg

大好きな、ひらがな、いっしょか、大好きな漢字一書を、桜染めの紙か、だるまはん♪に書いていただこうと思っています。いっしょ200円です。午後3時半ごろ、数寄和大津へ、戻ります。
f0203477_1852268.jpg

「京都市立芸大卒の仲間たち展 」
数寄和 2017/2/12(日) – 2/19(日) 11:00 – 19:00
井手本貴子・魚住侑子・織田涼子・滝村彩子・直海かおり・前田恭子・森桃子・吉岡佐知
艶、透、美しい絵絹に魅力を感じた8 名によるグループ展です。
絹本作品を中心に手すきの紙に描いた作品、小さな作品を発表します。
ぜひご覧ください。

9月に好評でした、絹の展覧会が、よりステキになって、西荻の数寄和での展示となりますから、
わたしも、初日、行きます。お会い出来たらな、と思います。
ぜひぜひ、お越しください。
f0203477_18584758.jpg

「小倉遊亀と滋賀ゆかりの画家たち」
2月19日午後2時より
おでかけミュージアム in 数寄和大津(すきわおおつ)
滋賀県立近代美術館の学芸の方にお話していただきますよ♪
昨年は、滋賀ゆかりの仏像で、建部大社の女神さまや、石山寺の観音様、三井寺のお不動さま。
その時も、桜染めの紙に描こう。ワークを計画しておりましした。
今年は、建部大社の節分祭とおなじ、やはり、桜染めの紙、だるまはん♪に、いっしょ200円で、
ぜひ、紙と筆の素晴らしさを味わってくださいませ。お問い合わせ、お申込みは、数寄和大津(077-547-3209)

みなさまの、お越しをお待ちしております。(数寄和大津 麻田有代)
[PR]
# by 555sukiwa | 2017-01-27 19:07 | ふるさと | Comments(0)

Cincin!乾杯♪展を開催中の数寄和大津です。

みなさま、如何お過ごしですか。
1月14日より、Cincin!展を開催しております。
そして、14日より、大雪の日々。
雪って、なんで、こんなに白くて冷たいにかしら。。。と思いながらの日々。
瀬田の唐橋東詰あたりでは、それほどの雪ではないのですが、
フェイスブックや、友だちからの連絡では、琵琶湖の周りでも北へいくほど、
雪景色の雪の量がとてもとても多く。。。
皆々様、雪のなかを、来たくても、来れなかったかも知れないと、残念な気持ちで、過ごしておりました。
快晴の昨日は、よく存じ上げている方々が、同じ時間にお越しで、今年、初めての、対話型鑑賞をいたしました。
対話型鑑賞とは、一枚の絵を、複数のひとと、一緒に観ながら、こんな風にみえる。こんな風にも観える。と
それぞれの見え方をお互いに話し、お互いに聴き合いながら、観るのです。
ちょっと、豊かな時間を共有できるように思います。
f0203477_16564849.jpg

Cincin!
数寄和大津 2017/1/14(土) – 1/29(日) 12:00 – 18:00 火休
洋画作家18 名による展覧会を開催いたします。
ご来場いただいた皆さまに楽しんで頂けるような魅力的な小品を集めました。

展覧会タイトルの「CINCIN!」は、フランス語・イタリア語で「乾杯!」という意味です。
幸せな「乾杯!」の気分に溢れた会場へぜひお越し下さい。

さて、2月の数寄和、数寄和大津の予定もお知らせしておきます。
f0203477_175091.jpg

ぜひ、西荻の数寄和で、絹に描かれた、絵をご覧くださいませ。

数寄和大津では、
2月19日午後2時より、お出かけミュージアムを予定しております。
滋賀県立近代美術館の学芸のかたに、
日本画家、小倉遊亀さんを中心に、滋賀県ゆかりの作家のお話を伺います。
ちょっと、ワークもしょうと思っております。
紙に描いていただくか、、、、こちらは実費です。
お申込みお問い合わせは、数寄和大津(すきわおおつ)077-547-3209
f0203477_1795826.jpg



f0203477_17101424.jpg

[PR]
# by 555sukiwa | 2017-01-19 17:10 | すきわ日和 | Comments(0)

Cincin!乾杯♪展はじまります!!・・・海、清し 会心の友の 涙かな

f0203477_1333351.jpg

2年ぶりにシルバさんが、日本にやってきました。
この間、お越しになったときは、やはり、冬で、いままで観たことがないような、
雪の日々でした。
5年たったら、きっと、帰ってくる。と言い、本当に、ブラジルから来ました。
ほんとうに来て、数寄和の前に立って、いま、夢見ているみたいと言いました。
また、五年たったら来る!といい、はやくも2年後の今年、シルバさんが、やって来ました。

人とひとの出会いは不思議です。
生きているなかで、この広い地球、会う人もいれば、会わないひともいるのです。
日本のなかでも、この大津のなかでも、やはり京都のなかでも、いるのです。
けれども、地球の、お互い裏にあたる、日本とブラジルを、数年に一度、行ったり来たりし、
数寄和に顔を出し、
お蕎麦を美味しそうに食べ、白いごはんにお漬物、善哉や、甘酒や、、、
それから、お抹茶を飲み、筆を持ち、
そんな、和の時間を過ごす、シルバさんがいはる。
シルバさんから、学ぶことは、多いです。
新年に、わたしが、おもうこと。
信頼。敬意。感謝。

今回最後に合った、1月7日には、瀬田の唐橋を、いっしょに、観ながら、思いました。
びわ湖から流れる唯一の川、瀬田川。この川は、遠いブラジルにも、繋がっています。
その昔、瀬田の唐橋の上では、戦いがありました。
瀬田の唐橋の西詰には、大友皇子を祀った、御霊神社があります。
かといって、こちらの東詰には、建部大社はあります。こちらの東側に、建部大社が、あります。
壬申の乱で敗れた、大友皇子。
伊吹山でイノシシの神様に倒れた、ヤマトタケル。
さまざまな、人生の、出会いがあって、
いま、この時に、さまざまな一期一会があるのだと、最近感じます。

今年の書初。
「会心の友」っていうのは、気心のしれた友という意味です。
シルバさんがブラジルから来るのならと、新幹線を使ってやってくる仲間たち。
最初の五年後を約束したときは、みんなで、どんな自分になっているか、夢、目標を話しました。
今回、そんな約束はしなかったけれど、
わたしは、こっそりと、自分に約束しておくことにいたします。
一歩、一歩、前へ、進みますよ♪~
なんたって一番残りの人生が短いのだし!ふぁいと、おっ!
会える日を、たのしみに、たのしみに♪
f0203477_1415539.jpg

さて、
数寄和大津では、Cincin!展を、1月14日より正午より開催します。
なんたって、乾杯!というこの展覧会は、新年にバッチリです。
どうぞ、みなさま、お運びいただきますよう、宜しくお願いいたします。
f0203477_1474592.jpg

f0203477_1461316.jpg

海、清し 会心の友の 涙かな。(あ)
[PR]
# by 555sukiwa | 2017-01-08 14:09 | すきわ日和 | Comments(0)

CINCIN!乾杯です♪♪

f0203477_1841698.jpg

f0203477_1852446.jpg
f0203477_1854344.jpg
f0203477_1855965.jpg
f0203477_186955.jpg

CINCIN!
数寄和大津 2017/1/14(土) – 1/29(日) 12:00 – 18:00 火休
洋画作家18 名による展覧会を開催いたします。
ご来場いただいた皆さまに楽しんで頂けるような魅力的な小品を集めました。

展覧会タイトルの「CINCIN!」は、フランス語・イタリア語で「乾杯!」という意味です。
幸せな「乾杯!」の気分に溢れた会場へぜひお越し下さい。

出品作家

飴本 崇久

1987 広島県生まれ
2012 修了作品「野朝顔」 日赤賞受賞 日本赤十字病院買上
2013 個展 「Emerald Records」 ( SHAMROCK/広島)
2014 広島市立大学大学院博士後期課程修了
2014 飴本崇久展「囲い庭」 (数寄和/東京・大津)
2015 若手作家小品展(数寄和/東京・大津)
他、個展・グループ展多数

秋山 早紀

1987 埼玉県生まれ
2011 多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
2011 第30回損保ジャパン美術財団選抜奨励展(損保ジャパン東郷青児美術館)新宿
2015 線なんてないさ 絵なんてうそさ(数寄和)西荻窪
2015 いないんべーだー(JINEN GALLERY)日本橋
2016 そこから、見えるもの(JINEN GALLERY)日本橋
他、個展・グループ展多数


稲垣 友里

1989 愛知県生まれ
2014 守谷育英会 修学奨励賞
2015 武蔵野美術大学 造形研究科 修士課程美術専攻油絵コース 修了
2015 個展「靄を手繰る」 (数寄和 / 東京)
2016 「アカンサスの会」 (古美術長野 / 東京)
他、個展・グループ展多数


岩崎 由実

1992 東京生まれ
2013 武蔵野美術大学卒業・修了制作展
2015 トーキョーワンダーウォール 東京都現代美術館 東京
2016 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース 修了
2016 SECRET DOOR Tir na nog Gallery 東京
2016 U29 -Under 29 Artists Exhibition 2016- GALLERY MOMO Ryogoku 東京
2016 武蔵野美術大学卒業・修了制作展 武蔵野美術大学 東京


大浦 こころ

1960 東京に生まれる
1983 武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業
1996 VOCA展’96(上野の森美術館、東京)
2007 fafa2007(福岡県立美術館、福岡)
2008 個展(GALLERY ARTLIER、福岡)
2008 個展(ギャラリーブリキ星、東京)
2011 個展「第9回21世紀の作家―福岡 大浦こころ展 やわらかな圧力」(福岡市美術館、福岡市)
2013 個展(ARTSPACE 獏、福岡)
他、個展・グループ展多数


小河 泰帆

1968 福岡市生まれ
1995 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了
2012 『数寄和の洋画展』 数寄和/東京・西荻窪 滋賀・大津
2013 小河泰帆展 ギャラリー蚕室/東京・西荻窪
2014 小河泰帆展 『clor to float』 アートコンプレックスセンター/東京・四谷
2015 小河泰帆展 『色を奏でる』アートコンプレックスセンター/東京・四谷
2015 『コモンセンス』(三人展) ギャラリィK/東京・京橋
2016 小河泰帆展 『inner voice』space2*3 KURUM’ART contemporary/東京・日本橋
2016 ギャラリーへ49行こう 数寄和/東京・西荻窪
2016 『未来抽象芸術展vol.11』 全労済ホール/スペース・ゼロ
他、個展・グループ展多数


織戸 ゆかり

1969 千葉県生まれ
1992 武蔵野美術大学短期大学部専攻科美術専攻 修了
2007 風の芸術展受賞作家作品展 (南溟館 鹿児島)
2007 あおものプロジェクト2007展 (笠間市立体験学習館 茨城)
2012 数寄和の洋画展 (数寄和 東京/滋賀)
2013 個展 その下とその上 ギャラリーf分の1 (東京)
2014 個展 ものがたり ギャラリーf分の1 (東京)
2014 個展 ものがたりのもと ギャラリールヴァン (東京)
2014 ちいさな作品たち展 -miniatureの魅力- (心の花美術館 長野)
2015 個展 小絵 ギャラリールヴァン (東京)
2016 植物園-コレクション展- (心の花美術館 長野)
2016 ギャラリーへ49行こう (数寄和 東京)
他、個展・グループ展多数


上出 由紀

1993 武蔵野美術大学大学院造形研究科油画コース修了(修了制作 優秀賞受賞)
1997 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ Certificate for Postgraduate Stude in Fine Art 取得
2009,13 SAN-AI GALLERY
2012-14 櫻木画廊/東京
2012 数寄和の洋画展(数寄和/東京)
2015 square-上出由紀・徳永陶子二人展(櫻木画廊/東京)
他、個展・グループ展多数


河合 真里

1987 兵庫県生まれ
2012 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了
2013 TWS-Emerging 2013/トーキョーワンダーサイト本郷(東京都)
2015 project N 59 /東京オペラシティアートギャラリー(東京都)
2016 シーズプログラム東京 第14回”naming” /株式会社 数寄和(東京都)
他、個展・グループ展多数


木村 佳代子

1971 東京都生まれ
1999 東京藝術大学大学院美術研究科博士課程 満期退学
2007 個展 ギャラリークローゼット / 西麻布 (09年、11年、13年)
2014 FACE2015 損保ジャパン日本興亜美術賞入選
2015 個展「レゾナンス~共鳴~」ギャラリーノン・フィニート / 曙橋
2016 個展 日本橋三越美術サロン
他、個展・グループ展多数


沓澤 貴子

1971 静岡県生まれ 千葉県在住
1998 武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コース修了
1999 「沓澤貴子/山口牧子展」ギャラリーαM(東京)
2001 「小林康夫によるセゾン現代美術館コレクション展:筆触のポリティクス<絵画らしさ>とはなにか?」セゾン現代美術館(長野)
2003 個展 「さまざまな眼133」 かわさきIBM市民文化ギャラリー(神奈川)
2005 個展 Oギャラリー(東京) (’11、’13、’15、’17)
2006 「FRESH 2006」伊勢現代美術館(三重)
2012 「数寄和の洋画展」数寄和(東京)、数寄和大津(滋賀)
2014 「はじめに四角ありき-沓澤貴子・藤澤江里子・樋口朋之-」櫻木画廊(東京)
2016 個展 「mutable sky」 櫻木画廊(東京)
他、個展・グループ展多数



小松 正朋

1975 横浜生まれ
2003 多摩美術大学博士前期課程絵画専攻修了
2006 「トーキョーワンダーウォール2006公募」 入選、東京都現代美術館
2007 個展「運命」トーキョーワンダーサイト、東京
2015 個展「なんてこと のない こと と あること のあいだ」 634展示室、東京
2016 個展「かぜがふく きがゆれる」 634展示室、東京
他、個展・グループ展多数



酒井 香奈

1969 茨城県土浦市生まれ
1994 武蔵野美術大学 大学院 造形研究科 美術専攻 油絵コース 修了
1999 個展「藤枝晃雄 氏 企画展 」 ギャラリーαm (東京)
2001 「小林康夫によるセゾン現代美術館コレクション展」-筆触のポリティクス<絵画らしさとは何か>-セゾン現代美術館 (軽井沢)
2001 「0号展」 トーキョーワンダーサイト(東京)
2012 「数寄和の洋画展」 数寄和(東京)
2013 個展 櫻木画廊(東京)
2014 個展 かわかみ画廊(東京)(同’16)
2015 個展 Art+Craft Gallery 蚕室(東京)
他、個展・グループ展多数


疋田 義明

1992 長野県生まれ
2014 「WHERE I’M CALLING FROM」 疋田義明 山田大吾 2人展
2015 武蔵野美術大学造形学部油絵専攻油絵学科卒業
2015 疋田義明、国川広、秋山実生「ミゲル&ジュリアン&ローレンのグレー・オブ・グレー」Gallery NIW
武蔵野美術大学卒業後、長野県にて制作活動をしている


伏見 恵理子

1987 埼玉県生まれ
2013 「シェル美術賞展2013」、国立新美術館、東京
2013 「 ワンダーシード 2013」、トーキョーワンダーサイト本郷、東京
2014 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース修了
2014 個展「文字の風景」、数寄和、東京
2014 「 トーキョーワンダーウォール公募 2014 入選作品展」、東京都現代美術館、東京
2015 「シェル美術賞アーティストセレクション(SAS)2015」、 国立新美術館、東京
2015 「 若手作家小品展」、数寄和、東京
2016 「 ワンダーシード 2016」、トーキョーワンダーサイト渋谷、東京
他、個展・グループ展多数


松浦 寿夫

1954 東京都生まれ
1988 東京大学大学院人文学科研究科博士課程修了
2005 「岡崎乾二郎vs松浦寿夫展」(ガレリアフィナルテ/愛知)
2007 「岡崎乾二郎vs松浦寿夫展」(ガレリアフィナルテ/愛知)
2013 「庭-GARDENS 伊藤誠、菊池敏直、松浦寿夫、吉川陽一郎」(神奈川県民ホールギャラリー/神奈川)
2013 「許された果実 -杉浦大和・友枝憲太郎・松浦寿夫-」(なびす画廊/東京)
2014 個展「変わるものと変わらないもの」なびす画廊(東京)
2014 「松浦寿夫&児玉靖枝展」(ガレリアフィナルテ/愛知)
2015 個展「Rules of Summer」(GALLERY 分室/東京)
2015 個展「Suite concarnoise」(東京外国語大学府中キャンパス/東京)
2016 個展 なびす画廊(東京)
現在 東京外国語大学フランス語学科教授
他、個展・グループ展多数


水村 綾子

1969 群馬県に生まれる
1994 女子美術大学芸術学部絵画科洋画研究生修了
1997 第12回 ホルベイン・スカラシップ奨学生
2004 第10回 資生堂ADSP(Art Documents Suport by SHISEIDO)選出
2011 水村綾子 個展 -tomeyuku- art gallery closet  東京
2011 女子美術大学創立110 周年記念同窓会企画展 『予期せざる出発』JAM展 女子美術大学美術館 神奈川
2011 The rising generation 9 堀口岱子 水村綾子 渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館  群馬
2013 水村綾子 展-scale- 櫻木画廊 東京
2013 第1回 FACE 2013  損保ジャパン東郷青児美術館 東京
2015 水村綾子 展 -harmonics- art gallery closet 東京
2015 クインテット2ー五つ星の作家たちー 損保ジャパン東郷青児美術館 東京
2016 水村綾子 展 -harmonic sound- 櫻木画廊 東京
他、個展・グループ展多数


森本 玄

1995 東京藝術大学大学院博士後期課程修了、博士(美術)、中林忠良に師事
1999 第4回昭和シェル石油現代美術賞展/目黒区美術館(以降01にも出品)
2003 京都・洋画の現在/京都文化博物館
2005 シェル美術賞展/代官山ヒルサイドフォーラム
2008 Fuse / Fureru 2008/The Museum of Art and History at McPherson Center/アメリカ合衆国
2014 第4回「ドローイングとは何か」展/ギャルリ志門、銀座 準大賞(’15 第5回展 大賞)
2015 個展/ギャラリー恵風
2016 個展 第5回「ドローイングとは何か」展大賞受賞記念/ギャルリ志門、銀座
2016 OSTEN BIENNIAL of DRAWING Skopije 2016/Osten Gallery、マケドニア FIRST AWARD for DRAWING
他、個展・グループ展多数
f0203477_18113035.jpg

数寄和大津
表具
額装
ギャラリー
お気軽にお越しください。

520-2132
滋賀県大津市神領3-2-1
tel: 077-547-3209
11:00-18:00
火曜日定休・不定休
[PR]
# by 555sukiwa | 2016-12-27 18:13 | すきわ日和 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧