すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

京の春光・ひらり

京都の川。
鴨川。
高瀬川。
どちらも、穏やかで優しい流れです。

f0203477_18314519.jpg

春。
穏やかな陽ざしです。
高瀬川の辺りでは、あちらこちらで、
開き始めた桜を、晴天の今日が撮り頃とばかりに、
カメラを構える人たちに出会いました。

あと数日で、桜が満開のようですね。

私は、散る桜も嫌いでは、ありません。
歌のタイトルは忘れましたが、ユーミンの♪見知らぬ町を、一人歩いたら、風は空から花びら散らす♪と、ひらりひらひらと舞散る桜の幻想的な世界に包まれるからです。
同じ場所でも、風景が変わると、一味違う世界が広がります。

知っていたはずの場所も、風の吹き方一つで、草木の揺れ方が変わったり、波も変わったりするからです。





f0203477_18343854.jpg


鴨川。
鳥たちを、いつも見かけます。

川べりの桜の木々を見ながら、桜の歌を思います。
桜の歌をうたった人にも思いを馳せます。
ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ (西行)
西行は、この歌のとおり、陰暦2月16日、釈尊涅槃の日に入寂したといわれています。





数寄の宴でも、尺八を吹いて下さったロビン先生。
ロビン・ロイドさんは、京都は平安神宮である紅しだれコンサート2009に出演されます。
穏やかな春の一日。数寄和の展覧会に足を運んでいただき、その後、夜桜とロビン先生の尺八の音色を楽しんでいただけると幸いです。(あ)
ロビン・ロイドさんのホームページ
http://www.robbin-muse.info/html/live0904.html
[PR]
by 555sukiwa | 2009-04-01 18:29 | ひと | Comments(0)
<< 水墨画と春のランチ


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧