すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

まだ時間は…

時の灯。京都駅(スバコ)に待ち合わせ場所が在るのを、ご存じですか?
f0203477_14284471.jpg

此処では、時計が活躍。
時間帯による時計台のライトの変化を愉しみながら、人を待ちます。
気になっていたオープンテラス。
たまたま昨日は、夕焼けを見ることの出来る時間帯に、そこに居ました。
水辺の畔でも山の頂でもない、日常と隣合わせの夕焼けです。
ビルで半分隠れていたり、ガラス窓を通してみる夕焼け。
この場所が駅の待ち合わせ場所である時の灯のオープンテラス。

刻一刻と変わる、光と色の、お日様と雲の、一期一会を観ながら、この場所の存在に頷いてしまいます。
昨日の雲は厚く、夕焼け色に染まりきることは無かったのですが、空いっぱいに夕焼け色が広がる時もあるように感じました。
大津から京都までは、電車でたいへん近いです。
日常で手に届く時間を、皆様もどうか一度味わってください。

そして、大空の大きさを感じる、水辺の畔の夕焼け、山の頂の夕焼けも楽しみましょう。
大きな夕焼けに出会うと、願いは一つだけではなく、いっぱいいっぱい願うことの豊かさ、いっぱいいっぱい願うことこそが、一つに繋がるという事を感じられるように思います。

好い絵が観たい私。好い音楽が聴きたい私。好いことばに会いたい私。美味しいものが食べたい私。そして、それぞれ誰かと一緒に楽しみたいと思う私。このような当り前の願いが、それぞれ叶うためには、たくさんの願いが必要です。

たとえば、好い絵を観たい私の願いから、
好い作家と出会えますように。
好い職人が育ちますように。
好い材料が手に入りますように。
その絵の良さが、皆様に、私に、ちゃんとわかりますように。

滋賀にはたくさん、素敵な場所が在ります。
美しい山の頂や水辺の畔の、夕日や朝日を、見てみましょう。
そのような豊かな時間をつくりましょう。
いっぱい、いっぱい願いましょう。

まずは駅まで、どうぞ。
[PR]
by 555sukiwa | 2009-05-30 14:31 | ことば | Comments(0)
<< ガメラ☆ 五月晴の大文字 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧