すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

こんちきちん 2009

f0203477_13535137.jpg

祇園祭。宵宵宵山。
長刀鉾は、今年も同じ場所で、真夏のような青空の元に、
勇ましくありました。







f0203477_13543342.jpg

蓮。

今日の青空。
夏空。

小さいことには、くよくよしないこと。
一番大事なのは、自分、自分らしく生きなさいと教えた人が
夏空の向こうにいます。

空の向こうには、竜宮城があって、
美しいカメ姫もいることでしょう。
いつか竜宮城に行きたかったけれど、
拙者はまだまだこの世の修業の身。
空ばかりみているのは、やめましょう。

(自分らしく…。難しいな~。
まぁ、笑う門には、福来るということやな。
難し顔はや~めよっ!
そうやで、それでいいんやでと聞こえた気がします。)
[PR]
by 555sukiwa | 2009-07-15 13:56 | 美観 | Comments(0)
<< 大好きな人は? はとぽっぽ >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧