すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

違いを感じ取る心

「人は、一人です。」「人は独りです。」
孤独とは、自分の思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もないことを言います。

f0203477_1348815.jpg


伝三Fさんのパントマイムを観る前に、私は、伝三Fさんの師匠のヨネヤマ・ママコさんのパントマイムを実際に観る機会がありました。
垢ぬけたマイム。艶がありました。華麗な動きがありました。

伝三Fさんのマイムにも、艶や垢ぬけたイメージの強い作品もあります。
けれど、伝三Fさんのマイムは温かさが際立っているように思います。
伝三Fさんにしか出来ない伝三Fさんのオリジナル・マイム。

海を越えて来た文化・芸術がこの日本で熟するのに、どれだけの時間や、そして、どれだけの本気の人が必要だったのでしょうか。
見えない嗚咽や、聞こえない罵声や、そのような事柄も含め舞台が成り立っていると思うのは、若輩者の私だけではないことでしょう。
映画「天井桟敷の人々」を観ていても見えない嗚咽や聞こえない罵声を感じます。
こんな事を考えると人生は、孤独であるとも言えます。
しかし、本当にそうなのでしょうか。もう少し心を使って考えたいと思います。
人は、なぜ孤独を感じるのでしょう。
なぜ、独りなのでしょう。

もしも、人が「ひとり」でなく「二人」であり、とっても幸せで満足なら、織姫と彦星のように、生産的な活動(仕事)が進まなくなるからかも知れません。時間と生産活動のしくみから、逸れることになりかねません。生産性のある活動を取り戻すため、一年に一度だけあうことになった織姫と彦星。星もまた、時間との関わりで、巡っています。
星の世界にも似た人間模様というような様々な関わりにより、「人は一人」を可能にし、生産的な活動(仕事)が、出来るのかも知れません。

マイムには、古代ギリシャ語のミーモス(真似る、模擬する)という意味合いがあり、やはり、身体でお喋りする為には、真似ることが大切なことのようです。
真似ることで、相手の心を感じ取ったり、相手と自分の違いを感じ取ったり、相手の良さを感じ取ったり出来るように思います。

幼い頃、お習字をされた方や、ピアノのレッスンをされた方も真似ることから、始められたと思います。お習字やピアノだけではなく、書道や華道、茶道とそれぞれの道のつくものも真似ることから、始まります。
数寄和に関わりのある日本画の基礎に、模写することがあります。これも真似ることです。
真似る事は、其々を会得する為にも大切な事ですが、何よりも「人は独りである」という感じ方から解き放たれ、「人は一人である」へと進むプロセスのようにも思います。
違いを感じ取る心・違いを認める心があって「人は独りである」ではなく、「人は一人である」と言えるように思います。
師匠と弟子。親と子。学び終え、巣立ちます。さらなる一期一会を目指してー。


8月に伝三Fさんのパントマイムが、京都国立近代美術館であります。

☆お知らせ
パントマイミスト伝三Fさん
ジャズピアニスト 金谷こうすけさん
ちこんき(蓄音機)ディレクター 川村輝夫さん
8月16日京都は岡崎、近代美術館にて
「パントマイムと手巻き蓄音機、そして展覧会の絵」

詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.momak.go.jp/Japanese/education/2009/purattoKinbi.html

★すきわ草子の記事「伝三Fさんのパントマイム」。ご覧いただけますと幸いです。
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2009/070301/index.html

f0203477_1482374.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2009-07-29 13:48 | ひと | Comments(0)
<< ふみづきからの こんちくしょう! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧