すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

バッハとジャズと、懐かしのレコード・ジャケット

レコードのジャケットで解るんです。
素敵な洋服を着ている音楽は、聴いてみる価値があるのです。
…あっ!表具と一緒ですね!

f0203477_15133354.jpg


何だか最近、ジャズっています。安田南のCDだけでは飽き足らず、ジャズのCD売り場へ引き寄せられています。
懐かしいジャケットがコンパクトになって並んでいます。
ジャック・ルーシェのプレイ・バッハも懐かしい。ジャケットに描かれたピアノの鍵盤を見ながら、昔はなんとジャケットを気にしながら、音楽と出会ったり、関わったりしたのかしら??と思います。

いいジャケットには、必ずいい音楽がありました。
実は、良い音楽には、必ず拘りのジャケットが着せられていたのですね。つまり、表具と一緒ですよね。良い作品には、良い表具を!!(あ~、そうなんだ!素敵なものと素敵なもの。素敵だから素敵なもの。一人頷いています!)

私は、楽器では笛が好きです。笛って、身近でもあり奥の深い楽器です。
絵本「おんがくねずみのジェラルディン」レオ・レオニ作 谷川俊太郎訳には、笛を吹けるようになったネズミさんが、出てきます。興味のある方は、どうぞ。

もうすぐ、笛吹きであり京都・バッハ・ゾリステン主宰の福永吉宏先生のバッハのコンサートがあります。どうですか、笛を聴きませんか?

☆京都・バッハ・ゾリステンHP
http://kbs.inter-art.gr.jp/
☆フルートコンサートは、10月15日 デュオ・ヘルムート・レゾナンツ~ロンドンのバッハを聴く~

久しぶりのジャズ・バッハ・・・時はたってCD。
福永先生に聴かせていただきました。…こんなに素敵なものがあるんですよ。…こんなに素敵な人がいるんですよ。
こんなことを言える人は素敵なのです。福永先生から素敵な人と素敵な音楽を教えてもらいます。先生から惚れ惚れと聴いた人の名前は実に多いです。まず人ありきのようです。だからカッコよく感じるのでしょう。
音楽を愛し、バッハを愛し、良い演奏家を愛し、良い楽器を愛し、音楽仲間を愛し…
…福永吉宏先生、カッコいいですね。

数寄和が関わる絵描きさんも、惚れ惚れと実に多くの絵描きを、人の名前を、いう人がおいでです。(格好いいわぁ~。)

愛する演奏家がいる演奏家。愛する絵描きがいる絵描き。そんな人たちが良い演奏を聴かせてくれ、良い筆さばきを観せてくれるのだと思います。…まぁ、そのせいで、私のお財布は年中、軽いのですが…(笑と…ためいき?)

☆表具の仕事について、数寄和HP雑感をよろしければ、ご覧頂けると有難いです。
http://www.sukiwa.net/sukiwazakkan/image/2009/082301/index.html
[PR]
by 555sukiwa | 2009-08-27 15:15 | ひと | Comments(0)
<< シルクロード 坂道を歩き、猫とハートに出会った日 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧