すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

竹久野生・吉田加南子展

吉田加南子先生から、御便りが届きました。
9月2日~9月10日。新潟は、新潟絵屋(画廊)さんで、竹久野生さんとの展覧会(二人展)があるようです。

f0203477_1672153.jpg
天来書院さん発行の「愛のフランス詩集」。訳詩は、吉田加南子先生。書家の先生方の書作品。仕上げは数寄和の表具です。




数寄和大津ギャラリーでの、この「フランス詩を書く」展では、吉田加南子先生の書作品。
「世界のまわりで海が動く」(ジョー・ブスケの影より)。
観る者の心臓のドキドキする音も聴こえてきそうな、吉田加南子先生ご自身の訳詩の一文が、丁寧に書かれた書作品でした。
フランス語での詩の朗読もしていただきました。
素敵な詩人の、吉田加南子先生。
…夢のように素敵な「フランス詩を書く」展でした♪


新潟絵屋さんの展覧会でも、吉田加南子先生の詩の朗読、お二人のトークがあるようです。そして、吉田加南子先生の絵が拝見できるようです。贅沢な展覧会!

★新潟絵屋さんのHP
http://niigata-eya.jp/
[PR]
by 555sukiwa | 2009-08-31 16:08 | ことば | Comments(0)
<< 吹田メイシアターで、5月の風と、にじ シルクロード >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧