すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

今日から、芭蕉「新しみは俳諧の花」展覧会開催。

柿衞文庫開館25周年記念特別展。
平成21年10月3日(土)~11月23日(月・祝)
現代日本画家斉藤典彦先生の屏風作品「しぐれの」の展示もございます。

f0203477_12195063.jpg


柿衞文庫様のホームページ
http://www.kakimori.jp/

この展覧会では、たくさんの関連事業が催されるようです。
11月7日には、「作品を語る 芭蕉を語る」作家座談会Ⅱが催されます。(有料、申込必要)
いつもお世話になっている現代日本画家斉藤典彦先生や、大野俊明先生のお話も拝聴させていただけます。今からとても楽しみです。
徳島県立近代美術館専門学芸員の森芳功様が聞き手をなされます。
皆さまも、実りの秋の楽しみの一つである芸術・文化を味わいに出かけませんか。


f0203477_16463494.jpg

さて、松尾芭蕉様は、近江にたいへん御縁のある方でした。
展覧会始まりの日は、今年の中秋の名月。
月を詠まれた俳句には、瀬田が入っているものもあります。
「名月はふたつ過ぎても瀬田の月 芭蕉」
この句は、元禄4年瀬田川に舟を浮べて宵待ちの月を愛でながら作。
また、同じ年に大津市膳所にある義仲寺での作として、
「三井寺の門敲かばや今日の月  芭蕉」
芭蕉様は、木曽義仲には一種の想い入れがあられたようです。大津市膳所の義仲寺に、芭蕉様は草庵無名庵、また芭蕉様の願いでお墓も義仲寺にあります。
「義仲の寝覚めの山か月悲し  芭蕉」
この句は、元禄2年奥の細道の旅での作です。
福井県今庄町に木曽義仲の城があったそうで、
名月の晩に詠まれたそうです。






f0203477_16472347.jpg

元禄4年、前夜の義仲寺に於ける月見に引き続き、十六夜の月を賞すべく、湖上を船で、芭蕉様御一行。

「やすやすと出でていざよふ月の雲 芭蕉」

「十六夜や海老煎る程の宵の闇 芭蕉」


芭蕉様の月の句、まだまだたくさんございます。
芭蕉様、たくさんの俳句がございます。
現代も、多くの作家の方々が、芭蕉様の俳句に触発され、それぞれの表現をなされております。
[PR]
by 555sukiwa | 2009-10-03 12:20 | すき!和 | Comments(0)
<< 三日月と芭蕉様の句と、はじめての 今日という日は >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧