すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

そして、聴こえたアイラブユー♪  その1

「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える
そしてドローイングは動き始めた…」
京都国立近代美術館 10月18日迄
「民藝と仏教美術―柳宗悦のこころうた―」
アサヒビール大山崎山荘美術館 10月25日迄
f0203477_15415276.jpg


「愛ある眼 谷川徹三著、谷川俊太郎 詩・編」この夏、読んだ。この中に、このような一文があった。
…仏像が肉体的に生活の中に入り込んでいる。これは人間三十をこえなければ、本当にはわからない感情であることを、その後私は知ったのであるが、しかしそれによって私は、美の秘密というものに大きく眼を開かれたのである。…

今年の夏は、伝三Fさんの、マイムを観に、京都国立近代美術館へ、出向いた日があった。その時に、ウィリアム・ケントリッジの展覧会のチラシを手にした。
光と影。
マイム、演劇、影絵、映画、そして、ホール、美術館、ギャラリー。光と影を意識したものは、実に多い。
光と闇。音と闇。光と音。
多くの人が、色んな入口から、考えること。
朝の光。夕日。夏の太陽。春の朧月。
音楽からの、文学からの、美術からの、また、それぞれの組み合わせからの、問いかけと応答。


…人は、観るということで、思考する傾向が強く、また多くある。
音による影響。音に対する反応。
(音の進化した言葉に対する反応は、どうなんだろう?)

…実に多くの音が、氾濫しながら、世界は回っている。
それぞれの場で、別々の音とありながら。
また、一つの音を意識しながら、それぞれの動きをもちながら…。

ウィリアム・ケントリッジの展覧会では、その世界を、改めて感じさせられる。多くの映像。問いかけ、そして応答。

鏡が、あった。左右の壁に裏表になった絵があった。
左の壁と、右の壁が、2枚の鏡によって、立体に見える。

鏡が、あった。左右の壁に裏表になった絵があった。
そこに、文字があった。
2枚の鏡によって、読みとれた文字。

平面の中にある、立体。立体の中にある平面。
問いかけと、そして…そして…

ウィリアム・ケントリッジの展覧会は、凄いと思う。
時間が許せば、2日間は、観ていたい。

この展示へ行くまでに、1Fでは、「プレイルーム。2009」。
京都国立近代美術館の大きな窓が、なんだか、きらきらとしている。大きな窓と、光。あいうえおの積木や、回転する椅子や、心を奪われた。

そして、ウィリアム・ケントリッジ展の出口では、コレクション・ギャラリー。日本画「モノクロームの世界」墨による作品が並ぶ。

凄い空間演出だった。

世界では、多くのものが、それぞれ個体として、そして、共鳴しあいながら、動いている。
(つづく)
[PR]
by 555sukiwa | 2009-10-14 15:44 | すきわ日和 | Comments(0)
<< そして、聴こえたアイラブユー♪その2 三日月と芭蕉様の句と、はじめての >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧