すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

木と 木と き と

森山知己先生の個展のお知らせ
会期:平成21年11月25日(水)~12月1日(火)
   最終日は午後4時閉場
場所:天満屋岡山店様にて
 

「木」
日本画家の森山知己先生のブログ「吉備高原の季節」 に、「栗の赤ちゃんは今」というタイトルの記事がありました。イガ付きの実り、立派な姿の実り2と記事が続いていました。
森山知己先生のブログは、森山知己先生のホームページ内にあります。
ホームページには、個展のお知らせも勿論あります。
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/

「木」
日本画家の若山卓さんのブログのタイトルは、「カラスときこり」。
11月に数寄和・数寄和大津である「手すきの紙と遊ぶ」展の出品作家でもございます。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

f0203477_1224613.jpg

「き」
太陽の色。
ひまわりの色。
しあわせの色。


「木」
あいうえおの木というタイトルで人形劇用の台本。
鉛筆で書いたきおく。10年以上前の。
伝えたかったこと…。
人の心の中には、一本のあいうえおの木がある。
…ことばの力を、信じてた。
思いは、通じたり、通じなかったりする。
鉛筆の芯は、力加減で、ポキポキ、おれるんだな…。

「木」
わたしの携帯電話の中に大きな筆の画像がある。
それで木と書く。
弾力のある筆で、木と書く。
やはり、木と書く。

森という字。
その上に、丸を描く。
満月にみえる。
みみずく。
眠る動物の親子。

森ということば。
その上に丸を描く。
太陽にみえる。
森の朝。
森の動物。
森。
林へと、
草原へ、町へ、海へとつづく。
町のあさ。
人々の朝へ―
―とつづく。


―しんじたいもの。ことばの力。
本にことばがある。本以外にことばがある。
本は、すき。
でも、本だけでは、無いとも思う。
ことば。

あいらぶゆーの気持ちをもって、歩く。
あいらぶゆーの気持ちで、かく。
ことば。

f0203477_1265711.jpg


山下和也様、よもやま解体新書の記事「森」、たしかに拝読いたしました。
二日に渡り、記事をつくっていてくださいましたね。
はやく、お返事しようと思いつつ…
歩くなかで、つづきことばを、書けると感じます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
[PR]
by 555sukiwa | 2009-10-16 12:09 | ことば | Comments(3)
Commented by ゴーヤパパ at 2009-10-16 20:19 x
こんばんは~(^.^) 舌の渋みが今日も続いてますぅ。
昨夜は興味深いお話いろいろ、聞かせて頂いてありがとうございました。

↑ スマイルまんじゅう ですか? 
食べられちゃうのね、何ともいえない表情・・・
Commented by 555sukiwa at 2009-10-17 10:57 x
ゴーヤババさま、
カエルのうたが、きこえてくるよ~♪
こちらこそ、またお会いできます日を愉しみにしております♪♪
Commented by モリヤマ at 2009-10-26 00:57 x
ご無沙汰しています。
個展の紹介をいつもながらありがとうございます。

少しずつ本調子! では、また。
<< ハワイ語の太陽やお日さまです。... そして、聴こえたアイラブユー♪その3 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧