すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

そして、聴こえたアイラブユー♪その4

大山崎山荘美術館には、常にモネの睡蓮が拝見できます。
「民藝と仏教美術」展では、柳宋悦に認められた、棟方志功の版画作品を観れます。仏教の世界には、蓮のはながあります。
華厳経の世界。仏の慈悲の光が毘盧遮那仏に集約されているそうです。

f0203477_1715358.jpg


奈良の大仏様。
皆さんよく御存じの大仏様は、毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)。正式名を毘盧舎那仏坐像といい、無限の宇宙の果ての果てまで照らし出す光の意味であり、宇宙の真理をすべての人に照らし、悟りに導く仏様だそうです。

この奈良の大仏様、当初、奈良ではなく、近江国紫香楽宮の近くの甲賀寺(滋賀県甲賀市)に造られる計画であったそうです。
東大寺建設にあたり、近江から、奈良へ材木が運ばれたようです。

聖武天皇は743年、大仏造立の詔といって、天皇からの命令を出されました。

…私は徳うすい身でありながら、天皇になり、国民のすべてを幸福にしなければならないとつねに志してきた。
そして今、ようやく人々を私の仁政でうるおすことができたが、まだすべての国民を仏教の恩恵に浴させてはいない。
そこで、何とかして、仏の威光と霊力により、天下が安泰になり、万代の幸福を願うことによって、この世の生命がみな栄えることを望むものである。
 ここに菩薩の大願を発して、廬舎那仏一体をつくることにする。国じゅうの銅を溶かして大仏を造り、山を削って大仏殿を造り、広く仏法を世界に広めようと思う。
そして、私もそして我が民も、ともに仏の功徳に浴して、悟りにいたろうではないか。
 天下の富をもつ者は私であり、天下の権勢をもつのも私である。この富と権勢によって、尊い像をつくる。この富と力をもってすれば、かんたんにできる。もし人々の中で、一本の枝草やひとにぎりの土をもって、助けつくろうというものがあれば、これを許せ。…このような、内容です。

f0203477_16392387.jpg

さて、先日、名古屋はギャラリー名芳洞blancにて、拝見いたしました、山下和也さんの個展「mirror image」展。
新しい仏様は、双頭盧舎那仏というお名前だそうです。
大仏様と同じ盧舎那仏様。
この名古屋で拝見した仏様。二つの頭を持つ、無限の宇宙の果ての果てまで照らし出す光、つまり仏の慈悲の光が集約された仏様です。慈悲とは、仏様の愛です。
拝観した初日に此処から宇宙と対話すると水墨でのウォールドローイング作品に記してあったのを思い出します。
なぜ、この新しい仏様が、ピカピカに感じたのかも、解りました。双頭盧舎那仏だったからです。

ところで、蓮の上にたち二つの頭(顔)があり、ふた組の手(はなを持つひと組の手と、鉢に稚児を持つひと組の手。)がある訳ですが、稚児に向けられた頭(顔)には、金の眼があります。
これはどういうことでしょうか。

インド原産の蓮。蓮は、はすとも、はちすとも言います。これは、実の入った花床(花中央の黄色部分)に、たくさんの穴があいていて蜂巣(はちす)に似ているからのようです。
蓮は漢名からで、種子が連なってつくことからといわれます。
おそらく、子孫繁栄のイメージがあって、アジアの多くの国の国花でもあります。

山下和也さんの仏画「双頭盧舎那仏」様、存在する稚児と向き合ってはじめて、仏様の慈悲の眼である金の眼、つまり実際の愛の眼を開かれたのではないでしょうか。

仏教では西方浄土の極楽は神聖な蓮の池、と信じられているため、寺の境内にハス池を 造るようになったようです。
多くの仏典に、蓮華の名で登場し、仏像の台座にもその形がよく使われます。葉は蝋状になっているため水をはじきます。

児童雑誌「赤い鳥」の芥川龍之介の「蜘蛛の糸」にも、蓮が出てきます。
そして、民藝の、棟方志功の作品にも蓮があります。

古代エジプトで神聖視されたのは蓮ではなく睡蓮だったようです。


f0203477_1129799.jpg 昨日は、数寄和大津ギャラリー定休日でした。
久しぶりにつけたテレビから、昭和と平成の歌謡曲がいっぱい流れていました。
昭和の一位の曲は、イルカの「なごり雪」。♪…去年よりずっときれいになった…のですからもちろん、一位です♪♪
そして、平成の一位の曲は、SMAPの「世界に一つだけの花」。♪…特別な Only one…が、ナンバー1ではない一位です♪♪



さて、あなたのすきな花は、なんですか?
去年のあなたと今年のあなた、どちらのあなたが好きですか?
また、それは、どうしてでしょうか?

(歩こう、歩こう、アイラブユーの心を持って♪ …つづく… )

f0203477_1415927.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2009-10-21 16:47 | すきわ日和 | Comments(0)
<< まいた種子が芽吹く、花から実へ... 滋賀で、近江で…観れます! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧