すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

らぶりぃ♪

アサヒビール大山崎山荘美術館では、「睡蓮池のほとりにて―モネと須田悦弘、伊藤存」展がはじまりました。モネの「睡蓮」を、いつも観ることの出来る美術館です。展覧会初日に拝見させていただきました。
f0203477_14271274.jpg
大山崎山荘美術館の魅力は、お庭や景色、円盤オルゴールと、常に在るものでそれでいて、移りゆくもの…季節により、時間帯のより変わる風景。オルゴールの曲も、一音一音が現れ、消え、現れ、消え、を続けます。そして、睡蓮。現れ、消え、現れ、消え…そこは、時間がゆったりと流れています。
大山崎山荘への坂は…たいへん、急です …。
この坂のお陰で、美術館からの眺めの素敵なこと!!
(なんだ坂、こんな坂なのです。)
この坂で、らぶりぃな、赤い実を発見しました♪
赤い実がなる木は、リンゴの木、センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)、ピラカンサなど。
そしてこれは、お赤飯の上などにある葉にみえますので、南天…ですよね?
南天は、難を転ずるに通ずることから縁起の良い木、福寿草とセットで、「災い転じて福となす」ともいわれる木です。
実は南天実という生薬で咳止めの薬として用いられるようです。
自然からの恩恵、人々が創ってきた文化芸術と、生きていく中での知恵や工夫は、たいへん多いですね。
豊かさ・豊穣は、モノと経済という直線的な関係ではなく、大きなまるの縁(円)で繋がっていたり、小さなものが、らぶりぃ♪なカタチとなって現れたりすることであったり…と、生命力を感じるモノ・コトのように思います。
ぜひ、大山崎山荘美術館へ、出かけましょう♪

大山崎山荘美術館様のホームページ
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/index.html

f0203477_1427563.jpg


数寄和(本社)では、11月7日から「手すきの紙と遊ぶ」展が始まります。この展覧会は、職人が一枚一枚丁寧に漉いた紙を使って、若手日本画家の方々の制作された作品が展示されます。
この展覧会、大津は11月21日からです。この日より、石山寺「もみじライトアップ」で、コンサートなども催されます。
あき爛漫。
「手すきの紙と遊び」展も、近江の美しい風景も、楽しんでいただけることと思います。足を御運びいただけますと幸いです。
数寄和のホームページ
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2009-10-29 14:30 | 美観 | Comments(2)
Commented by ゴーヤパパ at 2009-10-31 20:30 x
大山崎山荘美術館行ってみたいなぁ(^.^) 
たわわに実る南天、きれいな色をしていますね! もっと赤いものは見た事がありますが。 咳止め薬なのですか??
知恵という文字とは縁遠い生活を送っている者です。
Commented by 555sukiwa at 2009-11-02 15:45
ゴーヤババさま、ご機嫌麗しゅうございます♪
大山崎山荘は、とても立派な美術館です。ぜひ♪ぜひ♪
また、数寄和のお近くへ来られた際には、ぜひぜひぜひ♪♪♪
<< 墨時雨、黄朽葉紅葉(きくちばも... 芭蕉「新しみは俳諧の花」柿衞文... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧