すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

リンゴの花びらが風に散ったよな

f0203477_1613353.jpg

昨日は、久しぶりにカラオケに行きました。
クリスマスもカラオケも日本の一つの文化となり定着しています。
カラオケに初めて行ったのはいつのことでしょうか。
最初はあまり好きではなかったのですが、カラオケにはカラオケの好いところがあります。

まず、面と向かって真剣な話がしづらい、けれど、コミュニケーションを図りたいときに、自分の好きな歌を披露し合えて、お互い一歩近づけるカラオケが文化として定着するには、時間がかからなかったように思います。

昔は、働きながら歌っていた(民謡など)のですから、人には歌いたい気持ちが本来あるように思います。
悲しい時に寄り添ってもらったり、元気をもらうことも、励まされることもあるでしょう。

歌には、東京があったり、大阪があったり、京都があったりと、土着性が強くある場合もあります。これも、やはり歌が生活を土台に生まれてきたからとも言えそうです。

昨日は、臨川先生の個展を拝見しに行きました。

いつも先生の真剣な筆さばきを観て思います。
先生みたいに書けるようになるかな?
広島で先生の書を観た時にー
その場に先生は居なかったけれど、いつも観ている先生の書がありました。
不戦の誓いと書かれていました。
あ~先生が居るわぁ~と作品を観ながらにっこりしちゃいました。

f0203477_1621680.jpgその後、カラオケに行きました。
皆に請けのいい演歌の苦手な私。歌姫美空ひばり様の歌を2曲うたいました。
リンゴ追分と悲しい酒です♪
リンゴ追分から…♪りんごの花びらが風に散ったよな…なんと抒情的な歌詞!と思います。
悲しい酒から…♪酒場って、どこをいうのかな?と思いつつ、別れ涙の味がするって大人の味だよねと頷きます。
(もう一曲好きなうたを歌ったさ。大好きな○○○の歌さ♪請けは悪かったさ。)

クリスマスには、ケーキを美味しく食べます。
筆を持ち、そしてマイクを持ち、ケーキのローソクに火をつけ、記念写真をとり、
少し不思議な感じもしますが、昭和から平成を生きている私たちの文化を楽しんでいます。





……リンゴの花びらが風に散ったよな… … …
日本には何かを、例えば悲しみなどの感情を、風景として感じ取れる気持ちや感性があるように思います。
日本の絵(画)や書に、そのような感性を観ることができるように思います。


11月21日からは、石山寺は、もみじライトアップが始まります。数寄和大津では、「手すきの紙と遊ぶ」展が始まります。
どうぞ、足を御運びください。
[PR]
by 555sukiwa | 2009-11-16 16:13 | かきぞめ日和 | Comments(2)
Commented at 2009-11-16 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 555sukiwa at 2009-11-18 12:39 x
(o・・o)♪~待ってまぁーす
<< はしる車の窓からみていた琵琶湖の風景 そして、聴こえたアイラブユー♪... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧