すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

ほとけさま (…そして聴こえたアイラブユー♪その7)

西国十四番札所総本山三井寺のご本尊御開帳のチラシを大津市歴史博物館でいただいておりました。
如意輪観音座像様のゆったりした表情にこちらも無駄な力が抜けます。
f0203477_16294555.jpg

美術館や博物館で拝見させていただき、その時代や、その仏像について知識を頂けること、とても有難いことです。
そして、仏様を仏様として大切にされてきたお寺で、お会いする仏様の存在感。その場とその存在感。
現代の私たちは、仏さまを、美術館・博物館で楽しみ、お寺でもお会いでき、なんと豊かな時代を生きているのでしょう。
日本の豊かな自然。旅なかで、美味しくいただかれたであろう三井寺名物の力餅は、柔かで優しいお味です。このお味も、電車や車を使って移動する現代の私たちも楽しむことができます。同じではなくても歩いた旅人の気持ちを思いながら楽しむこともできます。何故なら人には、「おもう」ことや、想像力があるからです。

三井寺のご本尊の如意輪観音坐像は、平安時代の仏様です。
この平安時代には、国風の芸術が発展しました。
奈良時代に唐より仏教と共に伝来された画巻から、料紙(和紙を美しく加工したもの)を使い、源氏物語絵巻のような絵巻物へと変身したようです。
貴族の住まいでは、屏風や簾で、部屋が変身しました。
仏画を飾られる日もあります。仏画では無く、他の画の掛物の日もあります。その時々に合った画が飾られます。
細やかな場の設定をし、取り合わせをする感性。
先人の感性に学びたいものです。
掛物、花鳥風月。そして仏さまも美しいのです。

今年は、滋賀(近江)の紅葉をたくさん味わいました。
美しい色の変化を楽しみながら、少しずつ秋が深まることを楽しむことが出来ました。
ミホミュージアムの「若冲ワンダーランド」の道中での紅葉。
大津市歴史博物館の「湖都大津 社寺の名宝展」の道中での紅葉。
石山寺のもみじライトアップ。そして三井寺へと紅葉を味わいました。
私ども数寄和の「手すきの紙と遊ぶ」展や、これまでの展覧会。日本の四季の美しさには、「わ」する心を育て愉しませてくれる力があるようです。

さて、ほとけさまっているのでしょうか。
仏像のほとけさま、仏画のほとけさま、目に観えないものが、カタチとなっています。どうしてでしょうか。

すてきな本があります。
「サンタクロースっているんでしょうか?」と幼い女の子の質問に応えた新聞記者の社説が本になっています。サンタクロースがいてくれた方がクリスマスは楽しいですね。

悲しみや苦しみの無い世の中だとよいのですが、生きている私たちには、悩みがいっぱいあります。
ゆったりした御顔の仏さまとお会いしてココロが明るくなること。ココロに光が射すこと。
仏さまがいて下さると世の中が明るくなるのですね。
難しく考えることも無いですね。

ぜひ、美術館へ博物館へ、自然のなかへ、出かけましょう。
そして、数寄和へも、お立ち寄りくださいませ。
数寄和ギャラリーの壁面には、現代の作家が制作した作品が展示されてあります。
作品に、光を感じる色、そしてカタチがあります。
f0203477_1630851.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2009-11-30 16:40 | ふるさと | Comments(1)
Commented at 2009-12-01 18:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< アレクサンダー・テクニークと、... 石山寺のもみじライトアップと「... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧