すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

大阪市立美術館の展覧会と、はじめましてのビリケンさん! ♪♪♪ ♪

生誕120年小野竹喬展と璞社書展を観に出かけました。
大阪市立美術館エントランスホールでは、ハープとサックスのイベントコンサートがありました。「オー・ホーリー・ナイト」。大好きな曲を聴くこともでき、思わず通天閣へ行ってみたくなりました。
f0203477_1911081.jpg

f0203477_1915126.jpg

大阪市立美術館から出て、見えている通天閣。いつも気になっていました。何分ぐらいかかるのかな?と思いきや、とても近く、すぐ着きました。人気のビリケンさんと大阪の町並みが見えるということで、大人気のスポットなんですね。
待ち時間15分。
夕焼けに間に合うかしら?
f0203477_1925533.jpg

ビリケンさんの足の裏ってホレテイル!!
はじめましてのビリケンさんですが、はじめましてに観えません。皆さんが、ビリケンさんと記念写真を撮る気持ちに頷きます♪
不思議で可愛い椅子とテーブルもあります。何故かしらねど、一つのテーブルの上に、雪だるまさん達が置かれていました。
クリスマスの飾りかしら??とも思います。でも多くのテーブルの中の一つだけに雪だるまさん達がいたので、嬉しくなります。みぃつけた♪って気分です。
大阪を一望できる通天閣。足の裏のホレテイル!!ビリケンさん。なんだかウキウキしました。
f0203477_1951073.jpg
通天閣へ足をのばす気になったのは、生誕120年小野竹喬展を観て充実していたからです。
白なんだけど、白ではないしろ。赤みがかっていたりするわけです。赤だけど、赤ではないあか。金色がみえたりするわけです。それぞれの深みや味わいのある色は、薄塗りだからこそ出来た色のように感じます。
夕焼け色の豊かさや、あおい海の色を観ながら、海の大きさや豊かさを思います。芭蕉の奥の細道句抄絵と、詩情ゆたかな絵を観ることができました。
同じく大阪市立美術館であった書展にも意義が多くありました。
美術館のイベントコンサートで大好きな曲がきくことができ、天気も小雨から晴天となったと良いことが重なったお蔭でした。

生誕120年小野竹喬展(大阪市立美術館)は 12月20日迄です。
岡山県出身の画家、小野竹喬さん。笠岡市立竹喬美術館でも、来年あるようです。
同じく岡山県出身であり、在住の森山知己先生のホームページに記事があります。
森山知己先生のホームページhttp://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/


・・・そこはかとなく、だんだんと楽しくなっていく日を、数寄和大津ギャラリーでも演出できたらいいな♪と思います。
お陰様で、瀬田の唐橋あたりの風景、そして建部大社辺りの風景と、数寄和大津へ来て下さる方々の楽しみの一つだと感じます。季節を吹く風が、町並みを、景色を、通り抜けていきます。
12月12日から、「中世の影と光」 アイヌール・キュチュキュヤルチュン展を開催します。
トルコから来られたアイヌールさん。チャーミングな人です。
どうぞ数寄和大津に足を御運びいただき、ステキなアイヌールさんの作品をご覧ください。



(うふふ♪)
f0203477_21302232.jpg

とらかい?かい結成日記念とらのえ(とらのえにみえるかい?)
[PR]
by 555sukiwa | 2009-12-06 19:06 | すきわ日和 | Comments(1)
Commented by Silva at 2009-12-07 18:48 x
Tiger, tigers. Bravery. Power. Good predictions for a great new year.
とら、寅等♪ 
勇ましい!力強い!
素晴らしい~来年の吉報の図♪♪♪
<< トルココーヒーとコブウシとトラ寅 アレクサンダー・テクニークと、... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧