すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

椿と障子―「花の詩(天来書院発行}」より

「赤き実とみてよる鳥や冬椿 太祇」
与謝蕪村とも交流のあった江戸中期の俳人。
芥川龍之介の最初の小説である「老年」に、この俳句の書かれたお軸が出てきます。

f0203477_18473385.jpg

久しぶりに、天来書院さん発行「作品に書きたい花の詩」を開きました。
冬の花には、寒菊、寒桜、寒椿、寒梅、寒木瓜、寒牡丹と「寒」の字が並びます。木に冬で柊(ひいらぎ)、そして木に春で椿(つばき)。
新年を迎えて、新春や迎春といい…冬でもあり春でもあるこの季節ですが、数寄和の小さな庭を観ていますと、たくさんの美しい「いのち」と出会います。生命力と出会います。

「水仙や白き障子のとも映り 芭蕉」
「新しく障子張りつつ茶の花も やがて咲かなとふと思ひたり 北原白秋」
「日の障子太鼓の如し福寿草 松本たかし」
美しい詩を読むと、心がやわらかく晴れてくれます。
筆をゆっくり運ぶことで、光のように優しい詩が沁みてきます。

「良く観ることの大切さ」を作家の方々より教えていただきますが、良く観ることで、絵も言葉も沁みてくるのだと思います。

どうぞ、美術館や博物館、そしてギャラリーへ…モチロン数寄和へも足を御運びいただき、豊かな時間をお過ごしください。

☆天来書院様のホームページ♪
http://www.shodo.co.jp/tenrai/

☆京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センタ―様のホームページ…
「アートとアート作品は違う。」人にとってアートがなぜ大切か?そしてコミュニケーションがいかに大切か!アンテナ張っている人の心に届きます。
…ホームページはコチラ♪http://www.acop.jp/

☆数寄和(すきわ)ホームページ♪
http://www.sukiwa.net/

ぜひ、HAPPYでありましょう♪
ハッピーは、hap(偶然起こる、偶然(…)する、幸運)が、もともとの意味。
今日、生まれた赤ちゃんが、美しい音楽に包まれたり、お母さんの笑顔に出会ったり、自分の足で歩けるようになり、いろんなモノとあうこと・発見すること―それって、ハッピーですよね。大人の私たちもハッピーでありましょう♪♪だって私の中には、今日生まれたての今日の私がハッピーでいたくてウズウズしているんですもんね♪
f0203477_18481365.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-01-06 18:53 | かきぞめ日和 | Comments(0)
<< 数寄和大津の迎春の展示 ようこそ♪ HAPPYさま♪ >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧