すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

紅梅

数寄和大津ギャラリーの梅、いつ咲くのかな。
f0203477_16225659.jpg

山吹色。
桃色。
桜色。
花の名通りの色の名。とても馴染みやすいように思います。
たくさんの花の名の色。

七変化する紫陽花は、何色??
思わず、荻原朔太郎の詩が、頭をよぎりました。
…こころをばなににたとへん
こころは、あじさゐのはな…

さて、これからの季節は、香りのよい梅を、楽しめますね。
…かさねの色目では、梅も山吹も春の色。
梅重、裏梅、紅梅匂、そして山吹匂、裏山吹、花山吹などのかさねの色目があります。
光沢のある美しい絹の衣装が、それぞれ美しい春の色に染まっていたのですね。
f0203477_1626082.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-01-24 16:27 | ピクチャー | Comments(0)
<< 宵待草と月見草と夢(ナミニトリ... 手すきの紙をつかって、筆をつか... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧