すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

薄氷 及川聡子展 絹に描く1、始まりました。

f0203477_1623279.jpg

日本画家・及川聡子さんの展覧会が数寄和東京にて開催中です。
宮城県在住の及川聡子さんが描くのは、「薄氷」。
今展では、半年以上の時間をかけて制作していただいた絵絹による新作を数点展示いたします。
静かに自然を見つめる眼差しをぜひお楽しみ下さい。

及川聡子さんが、もう一つの展覧会会場となる数寄和大津へと、足を運んでくださったのは、昨年11月のことでした。
及川聡子さんの透明感のある作品。
もうすぐ数寄和大津にて展示させていただきます。

素材の良さを活かすには、素材そのものと仲良くなる作家の気構えがあります。
そこには、愛情を持って素材と向き合う作家の眼差しや確かな技術をカタチにする手、
そして作家自身の多くの時間が必要となります。

より静かな画面が生まれたように感じます。

「薄氷 及川聡子展 絹に描く1」
数寄和大津では、3月13日より始まります。

数寄和東京と、数寄和大津は、空間が違い、作品も若干ちがいます。
皆様、両会場へと、足を運んでいただけると幸いです。    
[PR]
by 555sukiwa | 2010-02-28 16:38 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 今日は愉しいとらかい?会 はなと華と、鳥のさえずり >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧