すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

「サヨナラ」ダケガ人生ダ~人生 別離足る~

作家の及川聡子さんは、会えてよかったとしみじみ思う人です。
杯を飲み交わしながら、唐の詩人于武陵の「勧酒」を思う夜でした。
f0203477_132884.jpg

勧君金屈卮
満酌不須辞
花発多風雨
人生足別離

この漢詩は、
「山椒魚」を書かれた井伏鱒二の訳が有名です。

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ


寺山修司は、
さよならだけが人生ならばまた来る春はなんだろう…
とうたいました。

及川さんの大切な犬のお話を伺いながら、
生きものの一生の受け入れ方について考えます。

及川聡子さんの絵をみながら、
氷と水…
植物のいのち…
晩秋から初冬…
そして、ふゆからはるへ…

そして、人の一生の在り方…
そのようなことを思います。

及川聡子さんの人生の一片である及川さんの絵。
そこには、たくさんの想いが凝縮されているように思います。

及川さんとお話ししながら、美味しいお酒をいただいた日々。
素敵な作家の及川聡子さん。また、お会いできる日を楽しみにしていたいと思います。

どうぞ、皆様、「薄氷 及川聡子展 絹に描く1」へと、足をお運びください。
この展覧会は、3月22日までです♪

f0203477_13292778.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-03-18 13:31 | ピクチャー | Comments(2)
Commented by 及川聡子 at 2010-03-18 18:05 x
連日、本当に美味しいお酒をいただきました。
味はもちろん、その時間、あの会話を
ずっと覚えておきたいと思っております。
私の記憶力は実に不思議で、
どう頑張っても覚えられないことが多いのに、
一方では、鮮明に脳裏に再生できる記憶もあります。
あまりに鮮明なので、思い出している間、
経過した時間が巻き戻って、
今、起きていることのように思うことすらあります。
ですから、こうしてブログを拝見していると
今も数寄和 大津にいるような気持ちがしてくるのです。
そんな風に、私の中にしっかりと記憶が刻まれたのも、
心をこめて作品と、私自身を迎えて下さった
麻田さんのおかげと、心より感謝いたしております。
Commented at 2010-03-20 20:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ガリバーさん、近江一の宮建部大... 及川聡子展 「薄氷」 絹に描く... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧