すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

紙に墨と筆で書く。そして、言葉を味わう(数寄和東京にて)

f0203477_1449060.jpg
数寄和のイベントシリーズの一つ、「手漉きの紙に字を書く会」には、天来書院の比田井和子さんも来て下さいました。
もちろん、数寄和大津からも行きました♪
懐かしの2008春の「フランス詩を書く―書を遊ぶ 詩を愉しむ」展。
この展覧会は、フランス文学者であり、詩人の吉田加南子先生が編・訳された「愛のフランス詩集 作品に書きたい言葉(天来書院さん発行)」から、書家の方々が制作された書作品、その書作品を数寄和で表装させていただいたという展覧会でした。
吉田加南子先生の作品もございました。


数寄和東京展だけではなく、数寄和大津展にもお越し下さった、天来書院の比田井和子さん。たいへん素敵な方です。

天来書院さんは、書を愉しみたい人や書の疑問をなくしたい人の為に、さまざまな書籍を発行されています。
私も、随分愉しませていただいており、お世話になっております。

天来書院様のホームページをぜひ、ご覧ください。
http://www.shodo.co.jp/tenrai/
f0203477_14503434.jpg

さて、まず墨をすります。
そして、筆で、横一本、縦一本から始めます。
筆だから出来る線のおもしろさに、自分の書いた線をみて、頷いたり、首をかしげたり…。
隣の人の線をみて感心したり…。
いつもは片づけてある童心が、ふわふわと出てきます。

物知りの比田井和子さんに確認をとりながら、墨の魅力、筆の魅力、紙の魅力について、お話しします。

なんだか、皆さん真剣で、そして楽しそうです。
何より、それが大切です。
書は、たいへん面白いのです♪

日本の人は、古来から、紙に墨と筆で書くことに、魅了されるのですね♪(笑)

f0203477_15181897.jpg

f0203477_15223951.jpg

愉しい一日でした。

次の日は、東京では、霰のようなものにあいました。
そして、京都駅の辺りも…!!!…雪が降っていました。
今年は3月末に雪が降るのでした。
不思議!!!!!!!!

雨の日、風の日、雪の日、どんな日も楽しめたらいいですね。
どんな日も、よい天気だと言えたらいいですね。
紙に墨と筆で書くことが出来ると、どんな日にも、愉しい気持ちでいれるように思います。
f0203477_15234291.jpg

☆たいせつなお知らせです。
「紙を漉く、字を書く、詩の朗読を楽しむ」…
次回4月4日は、いよいよ…

「詩人の聲」 プロジェクト La Voix des poetes
― わけのわからないものとの闘い2 ―
出演:田中庸介
天童大人プロデュース シリーズ 第471回
会場は数寄和東京です。

田中庸介さんは、2冊の詩集を書かれています。
「山が見える日に、」(思潮社)
「スウィートな群青の夢」(未知谷)
田中庸介さんの詩集「スイートな群青の夢」―Sweet Ultramarine Dreams―
ポエトリーインターナショナルウェブでは、英語(翻訳)で楽しめます。
Yosuke Tanaka is a Japanese poet.
f0203477_16262372.jpg

数寄和大津へ帰ると、ブラジルに帰るシルバさんが、可愛いお花を持ってきてくれました。
書を一緒に学べた1年半。…またね♪
書を学んでいるから、会える人がいます。
書が私の人生を豊かにしてくれています。
[PR]
by 555sukiwa | 2010-03-30 15:25 | かきぞめ日和 | Comments(1)
Commented by momo at 2010-04-04 21:39 x
東京で紙と墨のイベントをされたのですね。意外とみなさん反響があったみたいですね~♪「書」もまだまだ日本人の心を動かす作法なんですね!!書を通じてコミュニケーションが広がれば一層いいですよね~♪
<< 鳥(とり)は、嘘をつけない!? さくら、さくら。京都の桜、滋賀の桜。 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧