すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

私のしあわせ(フシアワセトハオモワナイ)

タイトルを打って、エディット・ピアフのシャンソンがよぎりました。
昨日は、春の嵐のなか、JR湖西線に乗って、琵琶湖の波と散るゆく桜、そしてお魚を堪能してきました♪
f0203477_1474596.jpg
f0203477_1482283.jpg
f0203477_1483883.jpg
f0203477_1485249.jpg

小野道風神社へ行った日に、何か美味しいものを食べて帰ろうよ♪と旅は道連れの相方と相談。
しかし、小野駅の時刻表をみて、びっくり。
近江舞子までの電車はあるのに、その先が随分となさそうです。…また、今度行こう♪♪旅は道連れ世は情けで、一緒に帰る二人でした。
二人の旅は、来る時も珍道中でした。駅で一緒になった女の子に「この電車、堅田へ行きますか?」と訊かれて、
「大丈夫、湖西線だから、堅田に止まるよ♪」といい、着いた堅田でホッとした女の子に手を振り見送りました。何故か電車がながく駅で止まっています。私たちが、変だ~!と気付いたのは来た方向へと走り出してからだったのです。(苦笑)
方向音痴の私たちでも、これは、ヤバいと、すぐに下車。(あはは)
二人の時間の合った、昨日、再び湖西線に乗って、魚を食べに出かけました。
小雨降る中、山へ向かい「水墨画の世界だね♪」海(びわ湖)へ向かい「泳ぎたくなるね♪」と、他愛無い会話がつづきます。女の子(ちと無理がありますが、あえて女の子♪)同士って、どうして、飽きずに話続けれるのかな?
道を歩きながら、笑っているように咲いている水仙や、チューリップに会います。気持ちが華やぎます。二人だと、小雨の中でも、楽しいのですから、友だちは大切にしておきたいものです♪

あたりが随分と暗くなり帰路につきました。
突風の為、遅れている電車を待ちわびます。
昔の旅人は、この春の嵐をどのように感じたのでしょうか。
風に揺れる木々を見ながら、風の声に耳を傾けます。
泣いているのは、風?木?
それとも、散りゆく桜の花びら?泣いているのは?
f0203477_1782530.jpg

ようやく乗ることのできた電車の中で、
先日一緒に観た襖絵についてや、絵についてや、人生について、
そして幸せについて話します。
「幸せってなんだと思う?」
「私のしあわせ?」
「最近、不幸せとは思わないよ。」
「私も、不幸せとは思わない。」
歳を重ねると♪しあわせで~す♪なんて桃色気分は少なくなりますが、
フシアワセトハオモワナイって、なんだかイイ感じです。
幸せは、山のむこう空の向うにもひょっとしたらあるかも知れません。が、
…今、ここに―フ・シ・ア・ワ・セ・ト・ハ・オ・モ・ワ・ナ・イ―私たちがいるって、愉快です♪♪
f0203477_14102386.jpg


付記
若手作家の若山卓さんのブログ「カラスときこり」のさくらの記事をみて、ご紹介したくなりました。
心優しい若山卓さんの笑顔を思いだしました。
若山卓さんの、カラスの絵。
若山卓さんの、馬の絵。
若山卓さんの、さくらの記事…。
なんだか、こちらまで笑顔になります。
☆カラスときこり
http://wakayamataku.gunmablog.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2010-04-14 14:15 | 近江 | Comments(0)
<< すきわ庭の木蓮(…そして聴こえ... 今日も元気なとらかい?会(そし... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧