すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

本屋さんに入ると、本と人に出会います。

あっ!白川静先生のご本がある…
あっ♪吉田加南子先生もご執筆されたみたい…
「生誕100年記念白川静読本(平凡社)」が出版されています。
f0203477_14382726.jpg

紅葉のような手。
赤ちゃんの手をそう呼ぶのは、どの時からだろう。
進化の過程で、手を自由に使えるようになったひと。

さて、手をどう使いましょうか。

白川静先生のなされたお仕事、質の素晴らしさ、そして量も含めて、凄いと感じる…いや、唸る人も多いことと思います。
本屋さんで、あっ!と思い、手にしました。

吉田加南子先生のご執筆された4ページをまず拝読しました。
文字の魅力、言葉の魅力が書かれた文章は、感慨深く、吉田加南子先生のお人柄に触れます。

「フランス詩を書く―書を遊ぶ詩を愉しむ」展においても、
言葉や文字の魅力を、詩人の眼から、お伝えくださった吉田加南子先生。

吉田加南子先生のお仕事のおひとつが、天来書院発行「愛のフランス詩集―作品に書きたい言葉―」であります。そして「フランス詩を書く」展が2年前の春に開催され、多くの方々に、書の魅力、詩の魅力、表具の魅力を味わっていただくこととなりました。

言葉の魅力、文字の魅力は―
天から降りそそぐ一粒の雨水たちが、
山の清水をつくり流れ出し、
谷を渡り、
やがて大きなおおきな海へと成る様に似ています。
海と呼ぶ、そのカタチは、あおい地球の7割であり、動きある波であり、生まれるところであり、大きな魚も小さな魚も自由に泳ぐことのできる空間であります。シーラカンスも存在しうる、竜宮城もあるかもしれないと想わせる空間でもあります。

―人が、どきどきすることに、すてきな一語との出会いがあります。
ひとつひとつの文字は、一冊の本のなかで、意味が、深まったり、広がったり、輝いたりしています。
それは、海の世界に似ていますが、また、似ていなくて、硬い石に刻むことのできるものであります。

文字が伝わってきました。

感慨深い一冊の本と出会える人生は、なんと豊かなのでしょうか。
f0203477_1442672.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-04-21 14:55 | ことば | Comments(0)
<< 光のなかの華やかさ・光のなかの... 近江一之宮建部大社2010はる... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧