すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

花頭窓、そして鯉のぼり

今日は、端午の節句。邪気を払う菖蒲湯。
川では、鳥が水浴びを愉しんでいます。
子どもも大人も大好きなパン屋さんとケーキ屋さん♪
看板も可愛いですね。
f0203477_12281061.jpg

今日は子どもの日。
鯉のぼりのケーキを食べることにしました。
もちろん、京都は西洞院五条下がるの小さなケーキ屋さん「とむて」のケーキです。
ここには、絵本「ぐりとぐら」を思うまぁるいカステラがあり、私のお気に入りです♪
f0203477_12283415.jpg

同じく西洞院通のパンやさん「ルーク」。すきわ草子でも、何度かご紹介させていただきました。
一度、葵橋のお店へ行こうと、自転車に乗って、京都駅から向かいます。
食パンマンを思う、看板。アンパンマンは、何処に?
冗談はさておき、中に入ってびっくりです。
2Fに花頭窓があります。石山寺で紫式部が源氏物語を執筆した源氏の間にもあるという、日本に馴染みの窓です。
此処でパンが食べることが出来るなんて、やはりルークさんです。
f0203477_12291411.jpg
f0203477_12292315.jpg

川沿いを自転車で走るのが、気持ちのよい季節です。
最近聴いているピアノ弾きマツタケダイスケさんの音楽を思いながら、
五月の季節を走る自転車のペダルは軽やかです。
f0203477_12325580.jpg

様々な人との関わりから、美味しいものや、美しい風景や、美しい音楽や、そして、数寄和のギャラリーで展示させていただく絵や・・・♪♪♪♪♪♪♪♪
子どもたちにも、ぜひ、美味しく味わってもらいたいなぁ~と、今日、こどもの日に思うのです。
[PR]
by 555sukiwa | 2010-05-05 12:37 | 美味 | Comments(0)
<< 花頭窓は、火灯窓とも呼びます。... サツキは躑躅科の花です。馬はウ... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧