すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

とらかい?会の七夕かい?(とらかいのささかざり)と、展覧会から。

数寄和大津ギャラリーの前には、竹の植え込みが青青と美しい。
もうすぐ、七夕。とらかい?会のメンバーと、そして、若手日本画家の西川芳孝さんと、数寄和スタッフの願いごとを書き描きした五色の短冊です♪
f0203477_13144978.jpg

f0203477_13151685.jpg

歌川広重の近江八景之内。瀬田夕照がある。見慣れた景色のようで、今の風景とは違っている。
歌川広重の名所江戸百景「市中繁栄七夕祭」。

短冊に願い事を短冊に書き葉竹に飾ることが一般的に行われているのは、日本だけのようです。この風習は夏越の大祓に設置される茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったようです。
イモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむけます。
七夕には、お素麺をたべ、短冊に願いごとをかき、竹に飾るのが、現代の七夕でしょうか。

棚機(たなばた)とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものだったようです。

中国の行事である乞巧奠(きこうでん)。7月7日に織女星に、はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれ、やがて芸事や書道などの上達も願うようになりました。
その後日本でも芸の上達を願って行われるようになり、歌を梶の葉に書いて祈りました。
中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるしたようです。

夜空を観ていると、きらきら光っている星。
美しい夜空の星の光が時間をかけ、私たちの眼に届きます。
…そう、光が届くのです。ステキなプレゼントですね♪
…平面の中に描かれた何か?光があって見える何か?も、また、時間をかけ、感じることのできる美しさのようにも思います。
もし、気になる絵画作品がございましたら、長く付き合ってみてください。

「西川芳孝展 絹に描く2」に足をお運び頂きありがとうございました。
西川芳孝さんと、2日間いろいろなお話をしました。
西川芳孝さんは、常に絵を描いておられました。
描くこと、
良い絵を描けるように、と、筆を走らせること、
絵を観てくださった方の感じ発した言葉に耳をすまし―心に、筆を持つ手に響かすこと、
なんだか、祈りのような絵仕事ぶりです。

数寄和大津ギャラリーの植え込みの竹に耳をすませて、竹の絵を描かれいた西川さんの絵描きの姿を、私は、ずっと、忘れないでしょう。

若手の作家同士、とらかい?会のメンバーとも、絵で交流していただけて、たいへん嬉しかったです。

☆お知らせ☆
「新風会ー青麦の章ー」
高島屋大阪店6階アートサロン
2010年6/30(水)~7/6(火)
10:00AM~8:30PM(初日は8時まで開場/最終日は4時閉場となります)
数寄和の「手すきの紙と遊ぶ」展の折りにご出品いただいた
織田涼子さん、中原麻貴さん、伴戸玲伊子さんの若手女性日本画家の3人展です。
瑞々しさ、愛らしさ、華やかさ、それぞれ個性のある魅力的な作品を観ることが出来る展覧会です。
御高覧のほど、どうぞ、宜しくお願い致します。
f0203477_13162090.jpg

では、楽しい七夕をお迎えください。

☆数寄和からのお知らせです。☆
作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
多くの力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています☆
☆夏季特別企画☆「ギャラリーへ行こう」☆作品募集☆
☆詳細につきましては、数寄和(すきわ)ホームページにて☆
[PR]
by 555sukiwa | 2010-07-04 13:18 | かきぞめ日和 | Comments(3)
Commented by タカダ at 2010-07-05 22:39 x
先日はお邪魔いたしました。
いろいろごちそうになり、いつも感謝しております。

たくさんの短冊で、賑やかな七夕飾りになりましたね。
ピンクの短冊、他にもいらっしゃってよかったです。
みなさんの願いがとどきますように・・
Commented by もも at 2010-07-06 10:25 x
私もいつもありがとうございます。西川さんとお話ができて、さらに季節のご馳走を楽しくいただいて、いい思い出がひとつづつ増えています。私のかいた短冊も飾ってもらってとってもうれしいです。
小学生のとき、芋の葉の朝露で願い事をかくとかなうらしいときいて早起きをして友達とドキドキしながら学校の畑に行ったことを思い出しました。
明日もよい七夕になりますように☆☆☆☆☆☆☆
Commented by at 2010-08-10 14:56 x
ご無沙汰しております。
先日は、とっても楽しい素敵な七夕を過ごさせていただいて、本当にありがとうございましたっ!
鮮やかな青い葉に、綺麗に短冊が揺れていて、きらきらしてますね。
飾っていただいてありがとうございます。
私のかかせていただいた短冊も丁度写真で見させていただいて、嬉しいです。^^。
ばたばたと忙しく過ごしているうちに、気付けば、もうすぐ旧暦の七夕なのですね。時が過ぎるのは、早いものです。

7月1日の写真の西川さん、頭上で呪文が飛んでる様に見えて、面白かったです。

良寛さん、一度、以前に何必館で見たくて行ってみたら、丁度その時は、確かどこか違う美術館へおでかけ中で見られず、今回も逃してしまいましたー。
次の機会にはぜひ行ってみたいです。
そして、空間に感動したいです。

大津の空もとても綺麗なんですね。

良い夏をお過ごしください。
  ささのはさらさら ・ きらきら・・・ ☆
<< 「美しいものを観ようよ」と彼女... 絹に描く2展、の、短冊に願いご... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧