すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

数寄和「ギャラリーへ行こう」…どうか、好きな絵と巡り合いたい

「好きな絵は、また、観たいと思うでしょう?」
朝、太陽がのぼるように、夕方、宵の明星が輝くように、
若い絵描きが、当たり前のことを、教えてくれた。
f0203477_1232793.jpg

沫雪の 溶けては沁みる 静か静か(あ)
あわゆきの とけてしみいる いのちかな(あ)

良寛さんの書や歌を思いながら、
今年の2月のびわ湖辺りの雪景色を思い出した。

びわ湖に降る雪は、沫雪ではなくても、すぐ溶ける。
積もることのない、雪。
姿を変えた、この雪を、私たちは、飲み、命を生かす。

この雪が 明日のいのちを みせにけり (あ)
f0203477_1241828.jpg

宵の明星は、明けの明星でもある。

私の部屋には、一枚の写真がある。
写真は、今、撮ったものではないのだけれど、いつかの今が、観る私の前に拡がる。

一杯のカフェオーレに、チョコレートが添えてある。

どうですか。コーヒーでもと写真がいう。
どうですか。チョコでもと写真から聴こえる。

此処は、どこなんだろう。
写真を撮った人と、私の、秘密の場所が、写真を観る私のココロに出来る。

ありがとう。一杯のカフェオーレを飲んだ気分になる。
ありがとう。一粒のチョコを食べた気持ちになる。


私の今へと、心を進めよう。
宵の明星が、明けの明星になるように、
沫雪が、今日の私のいのちを活かしてくれたのだから―。
いっぱいのカフェオーレが、そしてひとつぶのチョコが、前に進む力をくれたのだから。

「好きな絵は、また観たいと思うでしょう?」
わたしの今、そして、アナタの今が、会える場所をつくりました。
どうか、好きな絵と巡り合いたい人は、この夏は、数寄和へと足を御運びください。

☆数寄和からのお知らせです。
作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
多くの力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

☆夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」(7月31日~8月29日まで)☆
(開催は7月31日(土)からですが、作品は8月12日(木)まで受付しております。)
詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧いただけますと幸いです。
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14121255.jpg

f0203477_14563938.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-07-24 12:08 | ふるさと | Comments(0)
<< こうふくの風なり。すきわの風な... 作品と向き合えば、観えてくる聴... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧