すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

9月になってやってきた、風の又三郎。私にも一つ歳がやってきました♪

風の又三郎の作者でもある宮沢賢治。
朗読家馬場精子さんによる宮沢賢治の「やまなし」・「雨ニモマケズ」を、聴く人みんなで、楽しみました。
f0203477_14182343.jpg

あさ。
今日のあさ。
地球の上の今日のあさ。

世界では、今日何が起こっているんだろう。
結婚式を迎える人もいることだろう。
お葬式を迎える人もいることだろう。
同じあさ。
同じだけれど、違うようなあさ。

ある朝は、とても悲しかったなと思いだした。
ある朝は、とても嬉しかったなと笑いだした。

とおいとおい、ある朝。
その朝から何回朝があったんだろ。
それらは、朝と名付けることの出来る朝だったろうか。
私の時間の中で、私の言葉の中で。
朝って、どんなもの?
解らないからしつこく考えてみた。
解らないけど、ただ歩いてみた。
考えるってことは、頭ですることらしい。
ココロで考えるとは言わないらしい。
歩いていると、少しずつ、身体全体が、歩くをやる。
頭だけの、歩く。ではなく、
ココロだけの、歩けない。ではなく、
身体全体の、歩く。では、手も足も内臓も頬も目も、歩く。
そして、私が歩く。
だから、私のココロも、私の頭も歩く。

私が歩く。
留まる事のない、時間があって、朝がやってくる。
地球が丸いから、考えなくても、朝がやってくる。
地球の上の朝。

歩く人の、私。の、まあたらしい、朝。
…「おはよう」
私のあさの挨拶です♪(あ)
f0203477_14131377.jpg
馬場精子さんの朗読の会へと出向きました。
…やまなし。やまなしのお話を聴く空間の、植物のやまなし。
その空間に、馬場精子さんの、あたたなな響きの、声があった。
聴く人たちがあった。花が、あった。書が、あった。…

馬場さんの朗読会を楽しみながら聴く人たちが楽しんだ空間は、
日本の美しい文化芸術で出来た豊かな空間でした。
植物のいのちの美しさを伝える華道。
人の手がひく線の美しさを伝える書道。
ぜひ、みなさんと愉しみたいものです。そして、子どもたちに伝えたいものです。
皆で楽しんだ豊かな時間は、その豊かさを味わった人たちによって、さらにステキな時間になるように思います。
時間を育みことが出来るようになるのです。
…なかなか、よい一年のはじまりです♪



☆馬場精子さんのブログに、朗読会の記事があります。
馬場さんは、数寄和大津へも、時々きてくださいます。
及川聡子展「薄氷」絹に描く1にもお越しくださいました。
鳥のお好きな馬場さんは、若山卓展にも、お越しいただきました。
朗読という世界。馬場さんの朗読を聴いていますと、どんどんと世界が広がっていきます。声のみによる、その不思議な広がりは、数寄和大津の壁面に展示されている2次元平面作品の奥行きのある豊かな世界と、どこか、似ているようにも思います。
http://hitoha.blog.eonet.jp/
[PR]
by 555sukiwa | 2010-09-03 14:20 | ことば | Comments(2)
Commented by 馬場精子 at 2010-09-03 15:59 x
昨日はありがとうございました。
そして…!!
お誕生日、おめでとうございます。

麻田さんのブログ読んでいると、何なのでしょう。。。
生きているな…私。と、思います。

だんだんと気がつかないうちに、いろんなことを肩に背中に背負っている。…それがふと軽くなるんです。

昨日は私にとって忘れられない日です。
朗読していて、よかったです。
心からそう思いました。
ありがとう、みなさま。
Commented by 桃果 at 2010-09-03 21:56 x
HAPPY BARTHDAY♪
おめでとう!有代さん!

朗読会、とてもいい一日になったようですね♪
朗読&華道&書道のコラボ!素敵ですね!
いつか屏風の書が有代さんの書で表現されることを
楽しみに・・!(^^)!
<< 石(いし)の話 数寄和の今夏のギャラリーへ行こ... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧