すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

海のうえの空。山の上のそら。―空がある。空があるということ。―

空があるって、気づいたのは、何歳のときだろう。
朝の光。夜の闇。
空からやってくる朝。
空からやってくる夜。
f0203477_1963659.jpg

とりが
空を飛んでいるすがたに あうと
いっしゅん
こころが
空色になって
わたしも とんでみたいとおもう
とおくにみえる山をみていると
きっと そらに近いから 
そらのとりや
そらのほしが 
ちかくにみえるようにおもうから
やま のぼりたい
のぼりたい やま
やま のぼろう
のぼろう やま

やま のぼると 
とりの声が ひびいてる
やまのあさ やまのあさのあいさつ
やまにのぼると
ほしの光が 透けている
やまのよる やまのよるのあいさつ

おはよう
おやすみ
ひとのわたしのあいさつ
(やま おはようって いおうよ)
(やま おやすみって いってよ)

やま そらとわたしの おやすみに かこまれた よる の むこう
やま そらとわたしの おはように おこされた あさに ひかりを いっぱい うけた やま
とりのこえが ひびきわたる やまの あさの ひかりの なかの わたし(あ)

石の住処の山。ころころと転がりながら、山のしたへとおりてきます。
石の話、石山アートプロジェクトについて、ブログすきわ草子に書きながら、ず―っと、石について考えていたので…
…詩のようなものを書きたくなりました。(笑)
いろんな石がある中で、人それぞれ絵に描きたい石が違うように、なぜか、その人の魅かれる石があるようです。相性でしょうか。なんなのでしょうか。
もちろん、偶然であったのですが、描くということ、つまり関わりが石と描く人の間に生じます。描いた人には、その石と関わったことで、特別の意味が生じてくるのだと思います。

鳥も、空も、山も、みる私がいて、私にとっての、鳥であったり、空であったり、山であったりするわけです。

描くこと。そのものをよくみて描くこと。また、ことばは、その言葉をなんども心にひびかせながら書くこと。人って、関わること、つまりコミュニケーションをとりたいのですよね。
ぜひ、数寄和(すきわ)のギャラリーへもみなさま、足を運んでください。

数寄和(すきわ)
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1505157.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-09-29 19:08 | ひと | Comments(0)
<< 民藝誕生 アサヒビール大山崎山... ♪筆で紙にかいてみよう♪そして... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧