すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

日の出、日の入り。出雲の日御碕神社へ、行ってきました。

風に吹き飛ばされそうな、お天気ですが、海をみて、思わず叫ぶ私たちでした。
大雨のあと、まっかな夕日をみると、神社の色が赤なのに頷くのです。
f0203477_1741418.jpg
f0203477_17413864.jpg
f0203477_17415332.jpg

美しい夕日の色。
神社の色。
(神社の赤色は、虫がつきにくかったり腐ったりしにくい色でもあるそうです。)
f0203477_17424714.jpg

風。
鳥は、風がみえるらしい。
翼を風にのせている。
鳥が飛ぶ?いえいえ、風にのっているだけ。

人が話す時も、そして、歌う時も、
風に声をのせよう。
風が、声をとどけてくれるから。

ほらね。空をずっとみているわたしに、
雲からみえる光が鳥に見えるカタチをみせてくれる。
ほらね。ここから、風が、わたしのうたを、はこんでくれる。
f0203477_17433975.jpg

大空と地球。
まあるい地球の上に、わたし。

そら。
夕日。
雲。
風が、空の表情をつくる。
夕日が、空の色をつくる。

ゆたかな大空と、豊かなまあるい地球と、地球の上に立っているわたし。
f0203477_17442363.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-10-06 17:45 | 美観 | Comments(0)
<< 日の出、日の入り。イルカがくる... 出雲といえば、因幡の白ウサギ。... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧