すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

図録をみながら、展覧会をおもう。

生誕百年特別展白州正子「神と仏、自然への祈り」展(滋賀県立近代美術館 21日迄)
開館20周年記念企画展「大津国宝への旅」(大津市歴史博物館 23日迄)
f0203477_15234825.jpg

滋賀県立近代美術館で、初老のご夫婦のさりげない会話が聴こえる。
「こんなに長く観ていたのは、はじめてね」
違う日に展覧会にいったスタッフからも、「すごく時間をかけて観た」と聞く。
大津市歴史博物館も「見ごたえがあった」ときく。

大津であと数日開催中の、この二つの展覧会。
どちらも、仏像や、掛物が展示されていて、よい道案内があることで、たいへん深みのある鑑賞が出来るように思います。

図録を、見ながら、あらためて、展覧会をおもう―。
丁寧な道案内をしてもらいながら、展覧会を楽しむことができたと思います。

何かを理解すること。
…何のために?
何のために、そのモノを理解したいと思うのでしょうか。
また、何のために、そのモノを理解してほしいと思うのでしょうか。
…何のために?
…たぶん、何か大切なことに気がつきかけていたり―
…たぶん、何か大切なことを伝えたいから―
どんな大切なこと?
例えば、美や文化は、一日にしてならず!!ですから―
観る。感じる。関わる。伝える。
―その中で、美や文化は、育まれてきたのです。
日本風土で育まれてきた美や文化は、
日本の風土や景色と共に生活しているわたしたちの、
―観るなか、感じるうち…そして関わり合い・伝え合いながら、これからも育まれていくのだと思うのです。

大津の美術館、博物館。
自然を愉しむ場所にありますから、ぜひ、秋の景色を楽しみながら、足を運ばれてはいかがでしょうか。

大津にお越しになられましたら、数寄和(すきわ)大津へも、ぜひ、お立ち寄りください。(あ)
f0203477_15253984.jpg

☆数寄和(すきわ)からのお知らせです。
西荻の数寄和では、11月17日、平田俊子さんによる詩人の聲を開催いたしました。多くの方々にご来場いただきました。
次回、12月22日に田中庸介さんの詩人の聲を開催いたします。
詳細につきましては、数寄和(すきわ)ホームページをご覧くださいませ。
http://www.sukiwa.net/

f0203477_15265544.jpg




☆数寄和大津からのお知らせです。
手漉きの紙に「いーしー」をかいた(描いた・書いた)筆遊びのワークショップの作品。
唐橋焼さんのワークショップの釣銭受け。
写真のワークショップのピンホールカメラで撮った作品。
これからの版画のワークショップでの作品。
♪盛りだくさんの石山アートプロジェクトの展示は、石山商店街のマルピーさんで、11月30日までです。♪
石山アートまつり「みんなで招き猫さがし」石山駅―商店街―唐橋前駅というポスターが貼ってありますよ♪
[PR]
by 555sukiwa | 2010-11-19 15:30 | 近江 | Comments(0)
<< 絹に描くが如く。(そして、聴こ... 道…見上げる空に、ひこうき雲の... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧