すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

とらかい?会の再始動のための準備会

文化の秋を前に二ヵ月お休みしていた、とらかい?会。三人寄れば文殊の知恵ということで、3人が数寄和に来てくれた準備会。来年2011年の干支辛卯(かのとう、しんぼう)は兎(うさぎ)ですね♪
f0203477_14221590.jpg

若手作家さんたちが、手漉きの紙や筆や墨や…その時々のお題にチャレンジするとらかい?会が出来て、約一年がたちました。
色紙に描かれた兎。
細やかな部分が、画像では見えなくて残念ですが、兎たちが楽しそうにしております。

兎の数え方は、何羽。長い耳を羽に見立てたとか聞いたことがありませんか。
四足動物を食べることを禁止していた仏教の教えでは、鵜(う)と鷺(さぎ)であり、うさぎは、鳥だから、よくとぶというようなことも言われたようです。

古事記では、「因幡の白兎」として、また、日本の昔話の「うさぎとカメ」や「かちかち山」など、たいへん馴染み深い動物だったと思います。
小さい子どもたちに今も人気の動物ですね。
f0203477_14233153.jpg

とらかい?会の準備会で、途中にしてあったうさぎ。
ほっといては、兎の絵が描けないままだと、清書してみました。
もちろん、私は、字も書きました(笑)
耳のながいいきものを描きましたが、耳が長い動物にみえますでしょうか??
虎や寅という字をどんなに小さく書いても、トラ(虎・寅)と読んでもらえます。しかし私の描く絵のトラは、どちらかというと、猫に見えたようです。(絵を見るなり、トラだと即答してくださった方々、大好きですよ♪)
それならと、年賀状用に山ほど描いたトラの絵。私のトラさんは、ととらトララ♪という名前でした♪(笑)

来年の干支を描いた3枚が、耳の長い動物に見えましたら、去年より、上手くなったということで、とらかい?会に感謝ですね♪
f0203477_14241511.jpg

清書の清書をして、数寄和オリジナルの色紙額に入れてみました。
…自己満足できるカタチとなりました!(笑)
よし!(笑)(…だれですか?鳥にみえるという人は?)

☆数寄和からのお知らせです。

お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
いままで以上にステキな空間ができます。
もちろん、これから、お気に入りの作品に出会うためにギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。

☆そして、やはり数寄和(すきわ)からのお知らせです。
西荻在住の詩人、田中庸介さんの詩人の聲を12/22(水)に西荻の数寄和にて開催いたします。

プロジェクト「La Voix des Poe`tes 詩人の聲」
天童大人プロデュース シリーズ第583回
見ていくように、歩いていくように
出演 田中 庸介

詳細につきましては、数寄和(すきわ)ホームページにてご確認くださいますよう、どうぞ、宜しくお願い致します。
数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_16582719.jpg

風のうたのように
かぜのハーモニーのように
光のなかを、ふりつもる
色とりどりの、葉。
石のうえに―

言葉が、かくされているかもしれない、石。(それは、暗号?)
ことばが、かくされているかもしれない、葉。(それは、風のこえ?)
だれかの、だれかのコトノハ(それは… …何?)

吹く風に新しいうたが流れだす
石の上に新しい陽が射し―    (あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2010-12-03 14:26 | かきぞめ日和 | Comments(0)
<< 光と影 ~存在するもの、存在し... 今日から師走です。(と、言うの... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧