すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

そして、聴こえたアイラブユー♪その19(耳をすますと、聴こえるのは、好きなうたでした~♪)

数寄和スタッフで、私の一番弟子のシルバさんから、メールがきた。これから、ブラジルは、夏。私はカラスの写真を撮ってきたよ。
当たり前のようで、不思議な星の地球のそれぞれ。
f0203477_1722461.jpg

そして、聴こえたアイラブユーというシリーズも19回目となりました。
でも、番外編やら、なんやらこんやら(?)で、いっぱい書きました。
一度、整理しなきゃ…ねっ♪

このシリーズの一回目は、こんな風にはじまりました。
「愛ある眼 谷川徹三著、谷川俊太郎 詩・編」この夏、読んだ。この中に、このような一文があった。
…仏像が肉体的に生活の中に入り込んでいる。これは人間三十をこえなければ、本当にはわからない感情であることを、その後私は知ったのであるが、しかしそれによって私は、美の秘密というものに大きく眼を開かれたのである。…

(つづく)

美の秘密???
少しは、掴めたかしら???と思う今日この頃。
今年は、吉田神社にいきました。
出会った人から、教えてもらったこと。
十一面観音様の一番後ろの顔は、笑顔なのですよ。
一番強いのは、笑顔なのですよ。

思えば、たくさんのほとけさまとお会いしてきたように思います。
日本の文化を考えるとほとけさまとお会いする機会が多くあったのは、当たり前なのですね。
ほとけさまを作った人たちの願い。
ほとけさまに今日もお花を捧げる人の祈り。
目に見えないもの。けれど、目に見えるカタチとしてほとけさまが、いらっしゃいます。
どうしてでしょうか。
生きている人には、よろこびの日があるように、かなしみの日もあります。
思うようにいかない。どうしても、どんなに頑張ってもおもうようにいきそうにもない。どうしましょうか。
出来たら、笑顔でいたいですよね。ちょっと、歪んだ笑顔だとしても…。
知恵の結晶であり、祈りの結晶のカタチがあること。
カタチを、見る人は、何かを気付くことが出来るように思うのです。
一番強いのは、笑顔です♪となると、笑ってみようと思うでしょう?
悲しくても、笑ってみようか?と思うでしょう。
すると、笑えない悲しみとは、なんだろう?
この悲しみの根源はなんなんだろう???????
悲しみは、どこからやってきたのでしょう??????
この悲しみは、悲しいと感じる私のココロからやってきたのです。
悲しいと感じる私からやってきたのです。
悲しみは、私からではなく、向うからやってきたと思っていますが、私が、それを悲しみと感じない限り、それは、悲しみではないのです。
じゃ、悲しいと感じる私が悪いのですね?というのでは、ありません。
悲しいと感じる私がいることも、すごく健康的なことです。
さて、この悲しみを、どうしましょうか??
ほとけさまの慈悲深いお顔を、ゆっくり見ていると、なんだか、少しずつ、悲しみが消えるようです。
一つも表情を変えずに、向き合う私といっしょに居てくださいます。
ほとけさまだけでしょうか。
お日様も、美味しいお水も、良い香りを運んでくれる風も、居てくれます。
それに、友だちもいますよね♪
去年、一昨年は、一緒にお誕生会をしたねっと、シルバさんから、メールが来た今日。
お互いに楽しかった思い出が、それぞれの明日への一歩へと導いてくれるようです。
さまざまな関わりがあります。
懸命に生きていると、悔しい日があったり、悲しい日があったりします。
すると、ほとけさまのそれぞれの表情を味わえる私がいます。
一番強いのは、笑顔なんだからね。心の中で、念じます。

さぁ、来年へ向かって、がんばるぞ~♪(あ)
f0203477_1733796.jpg


☆数寄和からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。

☆西荻の数寄和(すきわ)からのお知らせです。
西荻在住の詩人、田中庸介さんの詩人の聲を12/22(水)に西荻の数寄和にて開催いたします。詩を聴く会です。

プロジェクト「La Voix des Poe`tes 詩人の聲」
天童大人プロデュース シリーズ第583回
見ていくように、歩いていくように
出演 田中 庸介

詳細につきましては、数寄和(すきわ)ホームページにてご確認くださいますよう、どうぞ、宜しくお願い致します。
数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/

西荻在住の詩人田中庸介さんの詩集「スイートな群青の夢」
ポエトリーインターナショナルウェブでは、英語(翻訳)で楽しめます。
☆田中庸介さんと英訳された詩が紹介されているページ
http://japan.poetryinternationalweb.org/piw_cms/cms/cms_module/index.php?obj_id=15801&;;;;
[PR]
by 555sukiwa | 2010-12-20 17:06 | ふるさと | Comments(1)
Commented at 2010-12-22 16:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ♪メリークリスマス♪♪~(大切... 大山崎山荘美術館では、山荘美学... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧