すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

亀井武彦「初春墨寿展」 大津展(すきわおおつ)はじまりました♪

亀井武彦「初春墨寿展」東京展(数寄和本社)では多くの方に足をお運び頂きありがとうございました。初春のよろこびに、会場は溢れていました。大津展は、1月30日迄です。
f0203477_1333181.jpg

まあたらしい、かみのうえ
いかす、墨色。
生かす、ことば。
活かす、水のながれ。
かみに、かみが宿るとき―。
(展覧会の会場を歩きながら、あ)

亀井先生と、初めてお会いしたのは、一枚のはがき。
数寄和の年賀状。
墨色で、一字がかいてある、お年賀状。
亀井先生の墨描作品の言葉たちは、
見る人との一期一会がある。(一語一会というべきか。)
清々しい気持ちのワタシがいる。(なるというべきか。)
ぜひ、アナタ様にも、ご覧いただければ…と、思うワタシです。
f0203477_1345072.jpg

作品は、まだ、お洋服をきていません。
作品をみて、ぜひ、お家や身近などこか見えるところに、飾ろうと思う方々に、軸装か額装か…
アナタ様のお好みをお聴きしようと考えました。
日本の風土に合った、作品のお洋服、表装。
現代建築の中での、オシャレな、表装。
ぜひ、愉しんでいただければと思います。
どうぞ、足をお運びいただき、どんなお洋服を着せたいか、お話ください。
足をお運びいただくアナタ様と、亀井武彦先生(雅号 玄亀阿仁磨)による墨描作品との
いま、まさに会ったというような、清々しい一期一会を愉しみにしております。
f0203477_1381854.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。先回の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
詳細につきましては、それぞれのホームページをご覧ください。

☆そして、やはり数寄和からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14442722.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-01-20 13:15 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 2011年の干支は卯。うさぎさ... 今朝のうた♪の清書(そして、聴... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧