すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

鳰のうみとは、びわ湖のことです♪

鳰(にお)は、カイツブリのこと。滋賀の県鳥です。
えりは、琵琶湖(びわこ)の伝統漁法です。
f0203477_18364476.jpg
f0203477_18365492.jpg


びわ湖に浮かぶもの、何を思い浮かべますか?

入るに鳥で、にお。
そして、魚に入るで、えり。
びわ湖に縁のある漢字です♪

そして、びわ湖に生える葦、どう読みますか?
大昔は、アシと言ったようですが、平安あたりから、ヨシと言われるようになったとか。善し悪しから、ヨシになったようです。
葦の茎の中は、空洞になっています。
簾や、萱ぶきに使われます。
葦をつかった、萱ぶきの屋根。上の方を見ながら、歩いていても、なかなか見ることのない風景です。

びわ湖のお蔭で、空が大きく思う滋賀の風景。
青空がずっと続いているように見える日…。
水墨画のような風景がずっと続いているように見える日…。
一月から続いていた雪の日から、少しずつ春へと向かってきました。
2月最終日の今日、朝から降り続いていた雨のやんだ頃には、お日様の光と澄んだ空が,
私の目の前に広がってありました。

空。そ・ら。
どんどん春が近づきます♪(あ)
f0203477_18384835.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
伊藤比呂美さんによる詩人の聲を西荻の数寄和にて。
詳細は後日お知らせいたします。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
詳細につきましては、数寄和、数寄和大津ホームページをご覧ください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_18394075.jpg

f0203477_18395658.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-02-28 18:42 | 近江 | Comments(0)
<< 「見る・見える」について考える... 瀬田の唐橋の上空、鳥の飛行♪(... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧