すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

弥生のとらかい?会(そして、聴こえたアイラブユー♪その25)

今回のお題は、「希望の光」です。お題は、だいたい一週間前に決めます。皆で、筆を持ち、出来あがった作品を観ながら、タイトル「愛」の作品ができあがっているのに気づきました。
f0203477_14122834.jpg

f0203477_1455148.jpg
f0203477_146672.jpg

いのちの尊さを、あらためて感じるときがあります。
今回の大地震をテレビをみて、カラダを硬直させていた私たち。
阪神淡路大震災があった、西日本に住んでいます。
東日本で起こった大震災は、地面の揺れとしては、初日に感じたぐらいでした。
だけど、おそらく、きっと、繋がっているから、テレビをみて、カラダを硬直させている私たちです。
世界のあちらこちらで起きた地震も、テレビで、ラジオで、ニュースが流れるたびに、カラダを硬直させる私たち。みんな、繋がっているからなのだと思います。

とらかい?会に来れそうもなかった気分を過ごしていたという声もありました。
阪神大震災を思い出していて、どうしていいか解らなかったという声もありました。

わたしたちができること、買い占めませんという声がありました。
わたしたちができること、募金だけではなく、精神的に、何ができるか考えていますという声がありました。

神様は、行動してくださるわけではないけれど、話をきいてくださるということを聞きました。ただただ聞いてくださるという話がありました。不安な気持ち、ただただ聞いてくださるようです。
無農薬のお米作りを行っている人、たわわの稲穂が日本の土地に実ることを願うよねという話をしました。
美味しい白いご飯に想いを馳せる私たちです。
不安なときに、ギュッとしてもらうと、嬉しいよねと話しました。カラダって、あたたかですよね。
温かさを感じると元気になれそうです。
あたたかさと言えば、お日様の光で、ふわふわにした、お布団で眠りたいよねと話しました。

とらかい?会のメンバーには、アレクサンダーテクニークを学んでいる人がいます。
アレクサンダーさんは、役者を目指していたのですが、ある日、声がでなくなって、自らのクセに気づいたそうです。カラダを観察すると、動きを妨げているようなクセに気づく時があります。
それは、今までは、なぜか必要だからクセとなったわけですが、
いま、それが、邪魔をして何か不都合があるのなら、
手放しましょうよ♪、カラダのなかに動きが起こりますよ♪というのが、
アレクサンダーテクニークのレッスン(のようですね)。
筆を持つ私たちにも役立ちそうだから、よく話題になります。
今回も、もちろん、話題になりました。
カラダのなかにある、動きを、止めないこと。
カラダには、常に動きがあります。
いのちのほし、地球にも、動きがあります。
動きのある地球の上を歩いている、二足歩行の私たちです。
私たちの中にある光を感じながら、光に包まれた地球の光をおもいながら、瞑想をしてみました。
地球と私、繋がっています。
f0203477_1465769.jpg

お題は希望の光でした。
なんと!希望の光は、愛だったようです♪
人って、愛の存在なんだな…とあらためて思います。
みんなが、みんなを、愛しているようです。
みんなが、みんなに、光を送っているようです。
みんなが、みんなに、エールを送っているようです。
みんなが、みんなを、ハグしているようです。
みんなが、みんなに、愛されているようです。

希望の光は、みんな…そう、みんなですよね。
今日も、おひさまが、笑っておられます。
お月様が、足元を明るくしてくださることでしょう。

日本の土地に、たわわの稲穂がなります。
まあるい地球には、希望の光の愛があります。
まあるい地球には、今日が、そして、明日がやってきます。
みんなが、あなたのそばにいます。(あ)
f0203477_1482395.jpg

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1494473.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-23 14:34 | すきわ日和 | Comments(0)
<< アートの力(そして、聴こえたア... 祈り~今、ここにいるということ... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧