すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

アートの力2×祈り(そして、聴こえたアイラブユー♪その27)

ひとはイメージできるということ。
イメージで変容できるということ。
マゼンタって、どんないろ?
祈りは、その場所で、どうぞ♪
f0203477_17439.jpg

先日のすきわ草子で、お知らせしました、
4月8日22時「変容の祈り」の詳細が、
サロン・ド・クロノさんのブログでアップされました。
「144,000人の祈り」の際の「 トーニング【音】+発起人【 虹風 翔 :作 】
144,000人祈りのプロジェクト:イメージ画 」が届きました!
http://bit.ly/i0cgHw
このプロジェクトは、地球上のどこからでも、できます。
そのとき、いらっしゃる場所から、どうぞ♪
そして、その日がだめだったり、その時間がだめだったら、今から、少しずつ…
f0203477_1751626.jpg

マゼンタ。イエロー。シアン。
プリンターにありますね。
印刷の世界の三原色。
いろんな色が、この三つの混色でできます。
この中のマゼンタは、ピンク紫。
詩人でもあったゲーテが書いた「色彩論」。
ゲーテは、マゼンタを見えざる色といっているようです。
全ての色を含みつつも、見えざる部分を含んでいるような色…。
日の出の前に雲を染めている色が、マゼンタのようです。
無条件の愛の色でもあるようです。
若返りの色でもあるようです。
その色で、日本を塗るイメージをもつようですね。
そして、地球全体をゴールドの光で。
詳細イメージは、サロン・ド・クロノさんのブログをどうぞ♪
f0203477_1762219.jpg

絵を観たことがありますか?
誰かと観ますか?その絵について誰かと話したりしますか?

先日、京都造形大で三日間、行われたVTSセミナー。
たいへん内容の濃い、学びを学んできました。
一枚の絵を前に、一緒に鑑賞している人たちで、時間をかけて、見えているものを話し、見えてくるものに気づいては話し、そして、考えます。この対話型鑑賞では、自分の思っていることを何でも話してもよいのです。
何でも話してよいとなると、観ることが楽しいことで、アートに近くなったように感じませんか。
絵については、あんまり知らないから、何も言わないでおこう。…なんて、思ったことは今までにありませんでしたか。

よくよく考えると―、
みて、なめて、ほって、こりゃいったいなんだ??と思っていただろう赤ちゃんの頃は、興味のあるものと興味のある間、時間なんぞ気にせず、人の目も気にならず、真剣に向き合っています。
赤ちゃんから幼児のころは、自分の見え方を、間違っていないか気にせず、話します。

美術館で、初めての作品。
作品を観る前に、キャプションをよむことは、その作品と真剣に向き合っていることなのかしら?と思いながら、ついつい作品よりも長くキャプションを読むことはありませんか。
ギャラリーで、初めての作品。
価格をみて作品と遠ざかり、せっかくの作品との一期一会といえるのかしら??なんて思ったこと、ありませんか。

興味のあるものと、真剣に向き合う。
充実していて、楽しい時間のはずが…
説明で解った気分になったり、値打ちを知った気分になったりで、いいのかな?と感じたことのある方も多いと思います。
と言っても、どんな風に、言葉をもたない作品と向き合えばいいのかしら?ということにもなるかも知れませんね。
アートって、その時代や、その文化が大きく関わっていて、
みんなで観ることで、いろんな見え方を話すことで、考えることで、いろんな発見が出来ていくようです。
その作品を作った作家も気づかなかったことも、発見できることもあるようです。
そんなわくわくの見方をしたいですよね♪
ぜひ、数寄和のギャラリーへ、お友だちと御一緒にお越しください。一緒に、作品をみてみましょう♪
ギャラリーには、観たことのない作品が、あります。
はじめまして♪の、作品には、多くの発見があります♪
f0203477_1773760.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
4月17日、西荻の数寄和にて、詩を聴く会があります。
プロジェクト「La Voix des Poe`tes 詩人の聲」
詩集『幻影の足』で第28回現代詩花椿賞を受賞された有働薫さんによる詩人の聲を開催いたします。多くの方と一緒に有働薫さんの聲を楽しめたらと思います。
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1638171.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-31 17:09 | すき!和 | Comments(0)
<< 花の画像をおくります。 アートの力(そして、聴こえたア... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧