すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

桜をおもう日(花の画像をおくります。その4)

今年のさくらは、遅い。
でも、さいた。
美しい桜を愛でる。
美しい日本の花。
f0203477_13234836.jpg
f0203477_1324498.jpg
f0203477_13242199.jpg

法然上人についてのお話をお聞きする機会を得た。
私の菩提寺が、浄土宗であるから、法然上人は、ご縁の深い方である。

浄土というと、あの世。
極楽浄土という言葉がある。

実際に人の力では、どうすることも出来ないことを経験することの多かった、法然上人が生きていた時代。
疫病。天災。
今なら、多くのいのちが救われた病気もかつては、死の病だっただろうし、
これ以上広がらないようにという手立てもしにくい時代でもあった。
医学が発達して、多くのいのちが救われてきたが、
実際に人の力では、どうすることも出来ないことが、どういうわけか、起こってしまう。
どんな時代にも、天災も病気も死も、別れもある。
死なないでほしい。と、どんなに願っても、死があり、別れがある。
死にたくない。と、どんなに願っても、死があり、別れがあるのである。
どうしてなんだろう?と思うのだが、避けられないものであるのなら、
受け止めることが出来るようになりたいものである。
愛する人の逝く場所なら、
すでに愛する人の逝った場所なら、
自分もいずれ逝く場所なら、
浄土がすてきな場所であってほしいと、誰しも願わずにはいられないように思う。
浄土では、別れた人とも、また、会える…嬉しい場所であってほしいとも思う。

法然上人は、幼い時に、父上が夜襲で負傷し、死去という経験をされた。
父上は、幼い法然さんに、恨みを持ってはいけないという言葉を残されたようである。
愛する誰かが死ぬときは、悲しみが深く、思わず、誰かを恨みたくもなるものである。
けれども、愛する誰かが死ぬときは、その人の魂が、美しい空を超え、成仏できるように、祈りたいものである。

大昔から、人には、祈る気持ちがあった。
亡くなった人へと、花を手向けた。
黙祷をささげた。
愛する人の魂が安らかに眠りにつくようにと、美しい花が、祈りが、ささげられた。

仏教の開祖である御釈迦様。
日本の仏教の一つの宗派の浄土宗の開祖の法然上人。
開祖となると、たくさんの方々がいらっしゃる。
どうしたら、みんなが救われるのか??とずーっと考えた人たちは、
まず、この世で、懸命に生きることを考えておられたように思う。
懸命に生きるって、眉間にしわを寄せることではない。
自分の力を出し切ることを、懸命に生きるというのではないか。
ながく生きるなかで、出し切ったらよいのである。

懸命に生きましょう。
楽しんで生きましょう。
心が、あったかになるような、美しいものをいっぱいみましょう。

日本中の子どもたちが、桜の下で、大きくなってほしいなと願う春です。(あ)
f0203477_13243724.jpg
f0203477_1325918.jpg
f0203477_13252675.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
4月17日、西荻の数寄和にて、詩を聴く会があります。
プロジェクト「La Voix des Poe`tes 詩人の聲」
詩集『幻影の足』で第28回現代詩花椿賞を受賞された有働薫さんによる詩人の聲を開催いたします。多くの方と一緒に有働薫さんの聲を楽しめたらと思います。
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2011-04-11 14:50 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 透明な力(花の画像をおくります... 慈雨の花(花の画像おくります。... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧