すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

きょうは、数寄和大津ギャラリーの誕生日です。

今日は、2011年4月22日。
数寄和大津は、2006年4月22日に開廊しました。
5周年記念日です。
f0203477_13563279.jpg

庭の木蓮が、雨のなか、しっとりと美しいです。
朝から、建部大社へと、御礼のご挨拶。
去年から、持ち歩いている集印帳をもって行きました。
いつも行く氏神さまのご集印をいただくのが、今日という日。
伊勢神宮外宮のご集印のつづきです。
ご集印というと、八十八ケ所や、三十三ヶ所などの、観音様を祀られているお寺を巡る旅をイメージする方が多いのではと思います。
お寺だけではなく、神社でも、ご集印をいただけます。
ご集印帳をもちながらの旅、なかなかよく、おススメです。
なんだかわくわくするのです。
幼稚園のころの、出席帳のハンコをもらっていたころの気分…。今日は、どんな印かしら…と思い、また、振り返りみて、やはり、わくわくします。

もちろん、お寺めぐりをなされた方は、ご集印軸は、数寄和へとどうぞ。
軸装することで、お家に飾ることも、出来ます。
有難いお軸でありますし、また、思い出のお軸でもありましょう。(あ)

今日という日。
感謝の気持ちを込めて、氏神さまにご挨拶させていただきます。
それは、特別な日ではなく、毎日の今日。
だから今日は特別の日です。
そのときに、まず、二礼。かしわ手を2拍。お願いごとをして一礼。
この間、神主様たちと、伊勢にいき、礼の仕方を教えていただき、毎朝、おなじようにしています。
礼をしながら、気を通すということについて、考えました。
この地においでになる神様とのご縁。足を運んだ私。
しっかりと、気でつながるように、礼をするのだと、思いました。
足が地につく。
まさしく、日本では、八百万の神様とつながりながら、人々は、生活してきたのだと思います。

神棚にあるもの。清めの御塩。塩は、人のお水70パーセントのカラダにあることで、怪我をしたときにも出血が止まり易いと思います。
生命のなかにあるものには、必要のないものは、無いということですね。

地球のなかの海も、だいたい70パーセント。これは、海水。
滋賀の中のびわ湖は、6割ぐらい。これは、淡水。

気を通すと、間に合わないが、消えてきます。
何に間に合わないと思うのか??
どうして、そんなことばかり思っていたのか、不思議です。
たぶん、身うちが、病気でなくなったときに、何がなんでも助けたかった気分や、
人との関わりで、なぜ、こんな風になったのか、
私には解らないときがあって、もっと、何とか出来たのではないのか?と思ったときの気分が、間に合わないという、強迫観念になっているのだと思います。
大切なことは、神様にお祈りして、
今することをしていると、穏やかな気持ちで、
今日という日を、
まさしく今というときを過ごしています。(あ)

言葉にすることで、自分の心のなかを整理することが、できます。
そこから、少し、違う視点ができます。
間に合わないという強迫観念は、なくなっていくでしょう。
気を通す。
今日から、明日へと、成長していく私です。
数寄和大津を、どうぞ、宜しくお願いします。(あ)
f0203477_13571327.jpg

☆西荻の数寄和からのお知らせです。
プロジェクト「La Voix des Poe`tes 詩人の聲」
小説家として活躍されている中沢けいさんによる詩人の聲を4月24日に開催いたします。
多くの方と一緒に聲を楽しめたらと思います。
ぜひご来場ください。お待ちしております。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
「山下和也展 絹に描く3」
数寄和大津 5/14(土)-5/21(土)  11:00-18:00 火休
数寄和 5/26(木)-6/2(木)  11:00-19:00 無休
ぜひ、ご覧くださいませ。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2011-04-22 13:58 | すきわ日和 | Comments(1)
Commented by 山下 和也 at 2011-05-13 22:11 x
数寄和 大津5周年おめでとうございます。
この記念すべき年に展覧会をさせていただく機会をえて光栄です。益々のご発展と、よいご縁に恵まれますことを、心よりお祈り申し上げます。

山下
<< 四つ葉のクローバー 卯月のとらかい?会(いつも心に... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧