すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

いつも心に太陽を♪その9(伊勢の旅を振りカエル♪ケロ♪)

一緒に旅をした人のブログを拝見しながら、そのとき感じた、喜びの気持ちが、そのまま思い出される。人って、やはり、ひとりで生きているわけではないということに気づく。
f0203477_1257512.jpg

アレクサンダーテクニークを、裾野の方で学びながら、6年ぐらいの歳月がたった。
これは、俳優を目指していた、アレクサンダーさんが、ある日、声がでなくなって、よく自分を観察してみると、首をすくめるクセに気づいた。
人には、多くクセがある。
なぜかしらある。
何かを懸命にやりながら、ついたクセ。
やればやる程、その癖は、自分のカラダにつく。
何かをするときに、そのクセがでる。
ついたクセは、必要があって、ついた。
でも、今、いるだろうか。
これから、いるだろうか。
ひょっとしたら、そのクセがなくなった方が、これからは、生きやすいかもしれない。
カラダから、心の動きへとなってきた、アレクサンダーテクニーク。
始めた6年まえと、今日。
知ってよかったと思う、学びがある。

木をみていると、ねじ曲がっていることに気づく時がある。
華道では、その木のねじ曲がりを活かしたり、そのねじ曲がりを少し戻したりする。

書道。字みながら、その字にとって、必要不可欠な線と、その必要不可欠な線のためにひかれた線があることに気づく。

人のカラダ。そのなかに動きがある。その動きが、クセによって、止められていては、なにかしら、不都合がある。

これって、人の心も同じ。
心を閉ざすなにかがあるのでは、不都合である。

活き活きと、生きる。
自分を生きる。
自然のなかに、自然の一部の私がいる。
自然に宿る、八百万の神さまが、大昔から、生命とはなにか?人々に教えて下さっているようだ。

気をとおす。
心を開く。
背骨は、健康か?
動きのある、カラダをつくる。
人々の学びが、次の学びの場をつくる。

この伊勢の旅で、自分の知りたかった、一言にあう。
心が変わると、身体もかわる。
心は、一瞬でかわる。
そうなんだ。
わたしは、それを、知りたかったんだ。
誰からか、今の私にひびく、その言葉を聞きたかったんだと思う。
なるほど、この人がいうのだから、そうなんだと思うような人から聴くことができた。
気をとおすと、何かがかわる。
私が、出来るかどうか解らないけれど、心を一瞬でかえたいと、ながく願っていたから、
心を開いて、このまぁるい地球の上に立ってみたいと思うから。
その心で、そのカラダで、言葉を書きたいと思うから。
自然の調和のなかで、感動し、気づく瞬間がある。
私が存在していることへの感謝がある。

道がある。
歩こう。(あ)
f0203477_1258215.jpg

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
今年も、ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、この夏に、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけて、この夏を乗り切ってください。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
「山下和也展 絹に描く3」
数寄和大津 5/14(土)-5/21(土)  11:00-18:00 火休
数寄和 5/26(木)-6/2(木)  11:00-19:00 無休
ぜひ、ご覧くださいませ。

☆「絹に描く1」の作家及川聡子さんは、宮城のかたです。
及川さんのサイト(http://www.oikawa-satoko.com/)から、
展覧会のお知らせです。
「及川茂・聡子 父娘」展
 しばたの郷土館(柴田町)
 2011/4/26-5/29

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵など、ステキな空間にづくりを、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
数寄和では、現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_12591647.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-04-29 13:00 | 美観 | Comments(1)
Commented by 田村 at 2011-05-04 20:29 x
伊勢の旅は、塩な旅、でした。。。

今度は何の旅になるのか。

よろしくお願いいたします。

<< すきわファミリーのニューフェイス♪ いつも心に太陽を♪その8(伊勢... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧