すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

古きをたずね新しきを知る(温故知新)~古きよきもの・新しきよきもの

孔子の論語の言葉から。
「子曰く、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て(もって)師と為るべし。」
f0203477_14453964.jpg
f0203477_14455585.jpg

f0203477_14465477.jpg

「山下和也展 絹に描く3」終了しました。

足をお運びいただきました皆様。
どうも有難うございました。

近年、絵絹に制作する作家が少なくなりました。
絵絹自体の生産も減少しつつあります。

絵絹は、枠に張ったときの筆・刷毛を受け止める僅かな弾力や、
しとやかな光沢、制作時の丈夫さと平滑な画面を持ちます。
例えば平安期の仏画のような、明瞭な線。また横山大観の雲海のような、大きく豊かな暈かしの表現。
それらは先人達が絹を見事に生かした一例です。
素材を生かす日本画にとって無くしてはならない素材と技法であると思われます。
現代に生き精力的に制作している作家達に挑戦していただくことで、新たな可能性を作家自身の中に発見し、それを絵絹表現の可能性として提案・発信できればと考えています。

この絹の展覧会は、若手作家と共に、昨年より、はじめました。
日本の伝統的な素材の紙や絹。
表具の魅力と共に伝え残したい。と、数寄和は、考えております。
「絹に描く1」宮城の及川聡子さん。
「絹に描く2」千葉の西川芳孝さん。
「絹に描く3」大阪の山下和也さん。

百聞(ひゃくぶん)は一見に如(し)かずとは、よくいったもので、
ご覧いただいた方々には、絹に描かれたそれぞれの作品の魅力を、みることで、それぞれの方が感じ、愉しんでくださったように思います。

絵をみることの豊かさを、ぜひ、享受してください。
これからも数寄和の展覧会をたのしみに足をお運びいただけますと幸いです。
どうぞ、宜しくお願い致します。

西荻の数寄和・数寄和大津ギャラリーでは、
今年の扇子を展示・販売しております。

数寄和では毎年扇子を作って販売しております。
普段使い用の柿渋扇子や色とりどりのカラー扇子、日本画や書の1点ものの扇子など幅広く取り揃えております。

今年は岩手県出身のイラストレーターToppi(斎藤敏文)による1点1点直筆のイラストを扇子に仕立て、復興応援グッズとして販売いたします。Toppi扇子の売り上げの10%を義援金として寄付いたします。

MY扇子を、ぜひ、見つけに、西荻の数寄和・数寄和大津ギャラリーまでお越しください。

みなさまのお越しをお待ちしております。
f0203477_1447654.jpg

(電車の窓から 梅雨入りした関西の夕がたの風景をみていると)

田んぼがある
川が あっ
林が あ

… … 学校が あった
… … … 工場があっ
家いえが あった!あった!! あった!!!

電車が 走ると 風が 吹く
一瞬みた風景が 風に飛んでいく
飛んだ 風景
とんでく ふうけー 
電車に乗っている 私の 心にも
風が ぴゅーんと吹く
飛んでく 今のいまの風景が 
電車のぴゅんぴゅ―風に 飛んでいく
今のいまは、もうさっき
もうずーっと前…
すんだ いま…?
おひさまを 手がかりに
写めるのが クセになった 私の
目にうつる 風景
すんだ いま…?

電車の窓からみる おひさまと 風景
おひさまが 隠れたり 現れたり する
現れたり 隠れたり する おひさまと
山、川、学校、家、いえ、マンション、デパート、工場、田んぼ
…! …!! …!? …!!! … … ・ ・  ・   ・
いっぱいがつづいている
いっぱいがすぎてゆく
つづくとすぎるのうえに空がある
梅雨のそらが 家いえのうえに つづく
電車のぴゅっーぴゅ―んの風のなかを
空がある

おひさまが 隠れては
現れる
暗くはない 空
明るくはない 空
つづく そら
は…

あおい空につづく… (あ)
f0203477_144838.jpg

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。シーズプログラムと、
夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」のお知らせです。
まずは、シーズプログラムについてです。
・数寄和は、毎月第4金・土・日曜日、ギャラリー空間を若手作家に開放いたします。
・数寄和大津は、毎月第1金・土・日曜日、ギャラリー空間を若手作家に開放いたします。
作品発表の場所として活用してください。瑞々しい作品・人との出会いを期待しております。
詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
第2回「ギャラリーへ行こう」につきましても、ぜひ、ホームページをご覧ください。

☆西荻の数寄和からのお知らせです。
西荻在住の詩人、田中庸介さんによる詩人の聲を6月12日、開催いたします。
数寄和では3回目となる田中さんの聲です。
新作「叫ぶ芋畑」も朗読予定です。
ぜひお楽しみください。
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵など、ステキな空間にづくりを、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
数寄和では、現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14484089.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-06-05 14:50 | かたち | Comments(0)
<< 坂を登りながら…瀬田の歴史・史... 受け継がれる日本画の美 吉田善... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧