すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

数寄和のギャラリーへ行こう♪近江を歩く方々♪(滋賀だより722)

奈良では鹿さんがあるいておられた。奈良も都なら、近江もかつてミヤコがあった。その近江を愛し、歩く方々は、多いのです。
そう、芭蕉さんもです♪
f0203477_14381772.jpg

どちらへ??
瀬田の唐橋を渡っていると、中之島のあみ定さん辺りを旅のかたが♪どちらへ??旅のかた!!
f0203477_14385939.jpg

旅のおかたは、船旅を望まれているのかしら・・・?
f0203477_1440868.jpg

瀬田川あたりで、舟に乗れるところ。

あみ定さんの舟では、お弁当なんかが楽しめるとか。
私も、瀬田の歴史の勉強会の折りに、御馳走になりました♪

その屋形船が気になる様子の旅のかた♪
f0203477_14405946.jpg

…、あっ!!一瞬で飛び立つご様子。
何処へ??
f0203477_1441358.jpg

旅のかたは、石山寺への船旅をご希望なのかしら…。
ここは、瀬田川リバークルーズの港。
一番丸が瀬田川を渡ります。
f0203477_14425089.jpg

旅カラスさんは、船旅にご興味はない様子。
泊まるところも、木の上です。

それにしても、瀬田川のあたり、鳥がいっぱいいます。
びわ湖の上空の大空を、鳥たちは、飛びます。
そして、水の上で、休みます。
のどかな風景です。

水面で、休まないのは・・・
f0203477_14443836.jpg

見えてきました!!!!!!
f0203477_14451156.jpg

f0203477_14452814.jpg

瀬田川は、昔から、ボートを愛する若者たちのメッカです。
台風のあとで、水かさの増えた瀬田川であっても、
あっちから、
そして、こっちから、
川の旅の方々が、往来します。

旅を愛し、俳句を詠んだ芭蕉の愛した、近江。

鳥も、また。
若人も、また。
近江の旅を楽しみます。

どうですか。近江への旅に出かけませんか。
数寄和大津ギャラリーは、
瀬田の唐橋を渡ってくださり、
瀬田の唐橋東詰から、近江一之宮の建部大社へ行くまでにあります。
地名であります神領の信号あたりにありまする♪
旅の方々へ、目印です。
…竹のある、白い建物をみつけてくださいね♪


近江八景では、瀬田夕照として有名な瀬田の唐橋あたり。
瀬田川を見ていても飽きませんが、
もちろん、お空を見ることも楽しいのです。

数寄和ギャラリーからの帰り道、ぜひ、近江の空を満喫してくださいね。
橋を渡ると…♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2008/110601/index.html
f0203477_14465457.jpg

石山あたりも、もちろん美しいお空が♪空は、いつも、繋がっていますからね♪
f0203477_14474197.jpg

石山駅では、芭蕉さんがおられます。
せっかくの近江の旅。
ぜひ、一句作ってみてくださいね。
近江では、びわ湖や、びわ湖の上の大空や、鳥や、魚や、いろんな俳句が詠めると思います。
もちろん、月も、詠めますよ。
f0203477_1448535.jpg

石山駅から京都駅まで、だいたい14分くらいです。
また、奈良に行かれるのでしたら、京都から奈良まで、だいたい50分くらいです。

都と言えば、京都。そして、奈良。
その奈良とも縁が深く、京都とも近い大津。
此処滋賀大津にもミヤコが少しありました。
滋賀にも、歴史があります。
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2011/060801/index.html
ぜひ、お越しくださいませ。(あ)

☆さて、数寄和では今年も8月には、「ギャラリーへ行こう」展を開催します。
ギャラリーの役割はいくつかありますが、その一つは評価の定まっていない制作者たちの発表の場所であるということです。
今展では作家を志す人たちに、小品の意欲作を発表していただきます。
制作者には展覧会趣旨に賛同していただき、お求めやすい価格を設定いたしました。
できれば気に入った作品をご購入いただき、さらに味わっていただけたらと思います。
美術館の鑑賞もしあわせな時間ですが、一味違った出会いを求めて、ギャラリーへお出掛けになってみませんか。

ギャラリーへ行こう、作品応募の詳細などにつきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/
皆様のご参加を楽しみにしております。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
今年も、ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、この夏に、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけて、この夏を乗り切ってください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵など、ステキな空間づくりを、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14494946.jpg

(画像は、京都駅)
(橋を渡ると…の返歌のような画像への自画賛のようなうた)
地球がまるいから、
空はいつもつづいている。
まあるい地球を、
朝焼けが
おはようの空が
夕照が
夕立ちの空が
一番星のひかる空が
みみずくの目がきらきら光っている森の上の空が
海やみずうみを黒く塗る夜空が
あなたの空が
…私の空が
つづいている

ときどき空に 虹が架かる
海から架かる虹
みずうみから架かる虹
木の上に架かる虹
そして、人の心へと架かる虹。

地球がまるいから
いのちの星の空に
架かる、虹。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2011-07-22 15:03 | ふるさと | Comments(0)
<< 数寄和のギャラリーへ行こう♪(... 奈良国立博物館「天竺へ~三蔵法... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧