すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

近江(滋賀)だより その3(御猟野乃杜 賀茂神社 御創建1275年)

近江八幡の大きな杜(もり)の賀茂神社。1300年前、天智天皇がこの地に日本初の馬の国営牧場を築き、聖武天皇の勅命により、この地に神社が御創建されました。平成27年を佳年と定め、式年大祭を斎行されます。
f0203477_2116369.jpg

今日は、懐かしい人と会いました。
賀茂神社の神主さんです。
先日から、賀茂神社のご紹介をすきわ草子でしておりますので、すでにホームページを拝見して頂いた方もおありかと思います。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/index.php
お馬さんの神社であります。

杜(もり)の中には、木々があります。
ご神木があります。
このもりに住まわれている、妖精さん♪
…じゃなかった、神主さん。なかなかの方であります。
我が恩師であります。
高校のときの担任の先生でありました。
なんとも言えず、味わいのある授業を、演出されておりました。
神様の近くにおられ、木々に囲まれておられるなんて、ステキ~♪♪と思っておりました。
そうです!女子生徒に、たいへん人気の先生でした。
男子生徒にも頼りになる先生でした。
難しい悩み事の相談は、この先生にした人は少なくなかったように思います。
先生から教えていただいた源氏物語などの古典、そして漢文…楽しかったです。活き活きとしておりました。
和歌の魅力を教えて下さったように思います。
新酒がでる頃は、先生からお聴きした、お米とお酒のお話を思い出したりします。

久しく会っておりませんでしたが、
ブログすきわ草子も、ご覧いただいていて(笑)、
久しぶりの再会のはずが、
…さて、先回のつづきからです♪
のような感じです。(笑)
みんなが、大好きだった岡田先生。
先生は、立派な神主さんなのだと、今日、お会いして、気づきました。たいへん、嬉しくなりました。
その先生の御信頼されている、匠の方の素晴らしい仕事により、賀茂神社は、平成27年に向けて造営されます。
国営牧場からはじまり、聖武天皇の代には日本の国難を回避するための地であった賀茂神社を、創建当初の想いを未来へ伝えるために、奈良時代に行われていた建築技法、当時の建築様式も参考にして造営をされます。

ぜひ、みなさまも、杜のこの造営に関わってください。
そして、木々から気(エネルギー)をいただき、良い仕事を致しましょう。

すきわ草子をご覧の皆様は、御存じのように、木に恋ごころのある私です。
吹奏楽部で木の楽器であるクラリネットと仲良しだった私。
音楽を愛し、木の楽器を愛する私たちにとって神聖なものとして、木は存在しておりました。
いやいや、音楽を愛するからだけではありません。
日本では、木でできた多くの大切なものがあります。
私が通った幼稚園、そして小学校は、木造でした。
木の机、木の椅子で勉強をしました。
木で作られた鉛筆を使っていました。
色鉛筆にも、木が使われています。
オルガンにも、木が使われていました。
小学校の帰りには、神社の公園で、遊びました。
杜の木々が、日本の四季を教えてくれました。
幼かった私にも、
桜の花びらが風に揺れながら舞い落ちてきたりして、
松ぼっくりが落ちてきたりして、
季節の移り変わりを味わうことが出来ました。
そうそう、ブランコも、木でできていました。
木って、なんだか、温かで気持ちのよいものだって、
日本の子どもたちは肌で知っていたように思います。
四季折々の姿を木々は、私たちに見せてくれます。
芽吹く春。青々と茂る夏。紅葉する秋。葉がない冬。
また、春がきて、木々から新芽が出てきます。
このような木です。
木は、生命のあるもの、あらたに命や感動を生み出すものと思ってきました。
私が、今も木で作られたリコーダーを吹いたりするのには、
神聖な木の楽器と仲良しでいたいという想いもあるからです。
人の命の源である息が、新たな命である音楽となって人へと届きます。

木のあるところで、写真を撮ると、お日様が、きらきらと美しいということを、最近知りました。
つまり、木は、空気を美しくしてくれているのです。

杜(もり)に行くと、心が洗われるように思うのは、美しい風景と、空気があるからだと思います。

岡田先生、また、近江八幡に遊びに行きますね!(あさだ)
f0203477_2117438.jpg

f0203477_21173166.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。

・美しい風景を撮られる写真家の今森光彦先生は、滋賀の方です。
岩波ジュニア新書「里山を歩こう」もたいへん楽しい読み物です。
今森先生のHP http://www.imamori-world.jp/

・「仰木 水と記憶のコスモロジー」10.23~11.27
会場 成安造形大学【キャンパスが美術館】ライトギャラリー
詳細は、HPにてhttp://www.seian.ac.jp/
f0203477_2118512.jpg

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

☆さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_21194424.jpg

びわ湖の上に大空あり。
[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-24 21:21 | ふるさと | Comments(0)
<< 近江(滋賀)だより その4(屋... 近江(滋賀)だより その2(里... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧