すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

近江(滋賀)だより その9(御猟野乃杜 賀茂神社)

杜へと行きました。
木と土に神様がおいでになります。
木が酸素を必要とする私たちに美味しい空気をくれます。
地面があり二足歩行の私たち人間は立っています。
豊かな杜で鳥の声が響いています。
f0203477_15263690.jpg
f0203477_15264772.jpg
f0203477_152706.jpg
f0203477_1527789.jpg
f0203477_15272097.jpg
f0203477_15273559.jpg

11月末日に、恩師の杜へと行きました。
杜では、いつもお日様であるアマテラスさまが美しく笑いかけてくださいます。

近江(滋賀)には、びわ湖があり、湖を守っておられる神様がおられます。
近江(滋賀)には、びわ湖を眺める小高い山々や丘陵地帯があり、大地を守っておられる神様がおられます。大地に立つ木には神様が宿っておられます。
この杜では榊がたくさんありました。
ここは聖域。空気が美味しく、お日様が美しい。小鳥の声も美しい。
杜を歩きます。
なんだか元気になります。
日本では、木と土に神様がおられます。
日本では、八百万の神様がおられます。
神様同士は、きっと、仲良しです。

大地に立ち、
お日様の光をあび、
雨を飲み、
鳥の歌声に風で葉を揺らしながら笑う木々を見ていると、
知らず知らずのうちに幸福な気持ちでいっぱいになっています。
神様同士は、それぞれの言葉で話しかけたり、聴いたりしながら、今に存在されているように思います。
人である私も、お日様の光を浴び、雨を飲み、風に吹かれ、鳥の歌声を聴き、大地を歩き、今があるのです。

恩師の杜である、このご縁のあるお社では、
日本の皆様が此処に足をお運びいただき和やかな気持ちを味わってくださるようにと、
平成27年賀茂神社御創建1275年に向けて、全国奉賛会を設置されました。造営、改修が始まっております。

日本最初の馬の国営牧場であり、お馬さんの神社でもあります。
お馬さんのお好きな方々。ぜひ、5月6日に、賀茂神社へお出かけください。

賀茂神社あたりの風景は、田園風景がつづきます。
鶴が飛び立つようなカタチの山と、亀が湖に今まさに入ろうとするカタチの山があります。
お日様が美しい。

いっぱいいっぱい美しいものを見たかった人間は二足歩行になり、筆を持ち、字や絵をかきました。道具を持ち、建物を建てました。馬にのり、遠くまで美しい風景を見に出かけました。


御猟野乃社賀茂神社および、御創建1275年「未来の遺産をあなたの手で、今を生きる命のあかしを刻んでみませんか」
詳細につきましては、ぜひ、賀茂神社のHPをご覧くださいませ。
http://kamo-jinjya.or.jp/

さて、お馬にご縁があり木々のいっぱいの、この杜を歩きながら、
馬や烏や野花が好きであり、きこりである若手作家の若山卓さんのことを思わずにはいられません。
数寄和大津での展覧会画像とともに御紹介もさせていただきたいと思います。
2008年夏。数寄和本社と数寄和大津にて、若手作家の若山卓による「像(かたち)」展を開催しました。

若山卓さんは、2004年武蔵野美術大学大学院の修了制作が優秀作品賞を受賞した期待の作家です。
岩手県の寺院にある破損仏を取材し、それらを人物像として捉え、約2×1mの杉板に墨・岩絵具・木炭を用いて描いた大作を展示致させていただきました。
若山卓さんの作家紹介もご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artist/WT.html
f0203477_15285079.jpg

杜が美しくなる。
人の心や、顔が明るくなる。

絵も、人にとって、杜のような…
そんな豊かで大きな存在…
そんな気持ちをおこしてくれる絵がある。…

若手作家の若山卓さん、頑張ってくださいね♪
どんどんよくなっていく烏の絵がさらによくなること、
馬の絵がどんどんよくなるのを楽しみにしていたいと
馬や烏とご縁の深い杜を歩きながら思いました。
頑張ってください。(数寄和のあさだより)
f0203477_15303934.jpg

これは、みつまた。枝が三つに分かれております。
紙の原料でもあります。
賀茂神社の杜にありました。
f0203477_15311666.jpg

ご神木の榊。
匠の技を拝見。
これから、三年後が楽しみです。
ときどき、恩師の杜へと出向き、すきわ草子で、
匠の技、美しくなったお社を、お知らせします。
杜が美しくなっていく画像を楽しんでください。
そして、ぜひ、足をお運びください。
空気の美しい杜を歩いてください。

お時間ゆるしましたら、瀬田の唐橋東詰にある数寄和大津へと足をお運びください。
近江八幡駅から石山駅まで、およそ22分です。
お会いできます日をお待ちしております。
f0203477_1531506.jpg

f0203477_15321575.jpg

この木は、何だか解りますか。

…祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ …
そうです。平家物語にでてきます。
日本では、実際の沙羅双樹はなく、夏椿を沙羅の木と呼んでいるようです。
実際の沙羅双樹はインド原産。
お釈迦さまが亡くなったときに植えられたので、
仏教では、聖木とされているようです。
だから、日本にも、あってほしかった人が、夏椿を間違えて広めたようです。

今回歩きました、杜の様子の御報告でした。次回をお楽しみに♪
f0203477_15325262.jpg

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
・12月中旬ごろより、若手作家の新作を数点数寄和大津にて展示します。
迎える年がよい年となりますようにと、小作品を制作していただいております。楽しみにしておいてください。
詳細は、後日お知らせします。
また、現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。

・西荻の数寄和からです。料紙の展示即売会を近日開催します。葉書や便箋、ポチ袋もあります。12月16~18日を予定しています。良いものをお探しの方、ぜひお越し下さい。


・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_15334841.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-12-01 15:34 | すきわ日和 | Comments(0)
<< お知らせです。パソコンの調子が... 近江(滋賀)だより その8(琵... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧