すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

お知らせです。パソコンの調子が悪いのです。♪中に在るもの♪

パソコンの調子が、悪い。もし、メールをくださり、返事がないと思われたら、お手数をおかけしますが、本社まで、宜しくお願い致します。
f0203477_14475682.jpg

数寄和大津の氏神さまであり、近江一之宮の建部大社へは、毎月、ご挨拶に行きます。
今秋にお参りさせていただいた出雲のどの神社でしたか記憶が定かではありませんが朔月詣りの御幣さんを見かけた記憶があります。
氏神さまの建部大社さまへ御参りの際に、朔日(ついたち)詣りの御幣をいただかせて頂きます。

ついたちは、平安や奈良時代は、「ひとひ」と呼ばれていたようです。
ふつか。みっか。よっか。いつか。むいか。なのか。ようか。ここのか。日を「か」とよびますね。
では、どうして、一日は、ついたちとなったのでしょう。
陰暦では、月の満ち欠け、その月の新月の現れる日が、その月の最初の日で、月立ち(つきたち)。この立ちは、出現するの意味。
師走がはじまり、「この月も、どうぞ、宜しくお願い致します。」と、氏神さまに、ご挨拶。
現在では、ついたちにお参りと決まっておりませんが、
毎月のはじまりのご挨拶にお参りへといかさせていただきます。

さて。今まで見たことのなかった石碑に気づきました。
「神田」
神の元の字は申。
この申は天の神様の威光を表す「かみなり」の稲妻のカタチから出来たものらしいです。
…かしこみ、かしこみ、もうす。と、祝詞を拝聴していると耳にする、もうす。

かみなり。という言葉のなかに、神がおいでになるようにも感じます。
申である稲妻。稲の夫(つま)という意味が語源。
稲の結実時期に雷が多いので、雷光が稲を実らせるという考え(信仰)があり、稲妻は、稲光とも、稲魂ともいったようです。
語源で考えてみると、音がかみなり。光が稲妻ということになります。

御神事に、榊(さかき)が使われます。
木と神。木と申。木とかみなり。木といなつま。と、順番に組み合わせながら、なるほど、なるほどと思ったりします。
常に緑の葉が繁っていることから栄える木で「さかき」であったり、神が鎮座される境の木から「さかき」の説もあるようです。
先日、近江八幡の賀茂神社で、榊(さかき)を、たくさん拝見いたしました。前回のすきわ草子に画像がございます。

神社では、かみなりと交信した木に注連縄があるのを、目にされたことがあるかと思います。
お日さまの神様であるアマテラスさまが、天の岩戸から現れたときに、二度と岩戸に隠れられないように!!!!!これが、注連縄の起源と聴きます。
この注連縄は、稲の葉を干した、藁(わら)で作っていますね。
お米を主食とする日本では、稲作による副産物の稲の葉を使ったものが、注連縄をはじめ、他にもたくさんありますよね。
と、思いながら、石のなかにある神田という字を拝見しながら、今春に伊勢で拝見した石碑を思い出すのでした。
その際に撮った画像です。
f0203477_14485912.jpg

f0203477_14492264.jpg

石に刻まれた字。
その中に、神。
その中に、田。
神と田があります。

五月晴があり、梅雨があり、夏があり、台風があり…
石に刻まれた神田という言葉は、少々の風雨にあっても消えることがありません。
誰が考えたんだろうと、石碑というものの凄さに驚きます。
道を教えてくれる道標でもある石碑。
中に在るものは、人の知恵。
f0203477_14495192.jpg

石だけではなく…

紙に書かれた、竹。
ここの中にも、人の知恵。

神と紙。
おなじ音がありますね。
紙も御神事に欠かせないもの。

さて、美しい紙をお探しの方。
ぜひ、数寄和へと足をお運びください。

西荻の数寄和では、料紙の展示即売会を近日開催します。
葉書や便箋、ポチ袋もあります。
12月15日から18日を予定しています。
良いものをお探しの方、ぜひ、西荻の数寄和へと足をお運びください。

…近江へお越しの際には、数寄和大津へ、どうぞ。
建部大社と、数寄和大津は、徒歩3分です♪
神領にある数寄和大津は、白黒の建物で前に竹の植え込みがあります。
…パンダの館ではありません。また、かぐや姫のお屋敷でもありません。
美しい月は徒歩5分の瀬田の唐橋あたりから見えます。
神領にある数寄和大津は日本の美しい伝統をお伝えするためのギャラリー空間があります。
ときどき展示する壁面の絵のなかに月が輝いています。
…そんなときは、姫の気分で、絵のなかへ入っていくこともできます。
また、ゆっくりと、何が描かれているのか、自らの見かたを楽しむことも出来ます。(数寄和あさだ)
f0203477_1521037.jpg

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_1531967.jpg

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
・西荻の数寄和からです。料紙の展示即売会を近日開催します。葉書や便箋、ポチ袋もあります。12月15~18日を予定しています。良いものをお探しの方、ぜひお越し下さい。

・天童大人プロデュースシリーズ 第679回 La Voix des Poetes 詩人の聲 出演:田中健太郎
西荻の数寄和で12月11日開催されます。
詳細は、ホームページをご覧いただけますと幸いです。

・12月中旬ごろより、若手作家の新作を数点数寄和大津にて展示します。
迎える年がよい年となりますようにと、小作品を制作していただいております。楽しみにしておいてください。
詳細は、後日お知らせします。
また、現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1552632.jpg

♪中に在るもの♪
かぜのなかを
あるくと
季節の風景が
私の心へ
刻み込まれる。
なかなか消えない風景がうたになる。

今日、ステキな風を感じたい。
今日も、ステキな光を感じたい。
と、耳をひらき、目をあけ、
歩き出す。
と、
私は、美しい風景の一部となる。

私の心のなかの風景。
風景のなかのわたし。
全てが在る。(あ)
f0203477_1555915.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-12-05 15:10 | かたち | Comments(0)
<< クリスマス・キャロルを口ずさみ... 近江(滋賀)だより その9(御... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧