すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

23日まで、田中明子展です。瀬田の唐橋と瀬田川をたのしみながら、お越しください。

台風4号。台風が6月にあるのは、8年ぶりらしい。
8年前??ふと、8年まえを思い出した。
アレクサンダーテクニークを習い始めたのが8年前だった。
そうか…。なんておもいつつ、橋を渡ります♪
f0203477_1693964.jpg
f0203477_1695123.jpg
f0203477_1694432.jpg

昨日は、朝から大きな紙に5文字を書いて、書いて、書いて…それから、瀬田の唐橋を渡り、京都へ。
新海みどり先生のアレクサンダー・テクニークの教室へと向かいました。

色の塗り替えられた瀬田の唐橋を渡りながら、
曇り空を映した瀬田川を撮りました。

台風の風のなか、なんだか歌をうたっていました。
いっぱい歌っていました。
わたしの中にいっぱいの歌の記憶があります。
そのなかの、浮かんできた歌を歌っていました。

瀬田川を流れる水が水であるように、音程やリズムがある歌がわたしから出ていきます。
わたしの記憶にあるうたが、やってきては、流れ出ていきます。
瀬田川が川であるように、私は人であるから、私は歌を流します。

さて。アレクサンダー・テクニークの話もやはり少し繋げていこうではありませんか!とおもいつつ…
アレクサンダーテクニークでは、食べるというワークもあります。
よく歩くワークをしますが、身体の使い方すべてのワークがあります。

コルネを手で食べました。
コルネを口で食べました。
コルネを五感を使って食べました。
この文のどれも、なるほどと思いますね。
(ひょっとして、変ですか??)
人は動物ですが、二足歩行する動物です。
そして人は、手で道具を使って何かを食べます。
さて、道具ってどういうものでしょうか。
子どもの頃にも道具は、身体の延長上にあると思って使うものだと教えられたように思います。
例えば…お箸は手の延長上にあるというか、
手とつながったお箸です。
繋がった使い方とは、どんなのでしょうか。
身体ってバラバラではなく、全部つながっています。
なかなか奥の深い学びのできるのが、この身体のようです。
f0203477_16105571.jpg

さて。何かと何かを繋げると言えば、橋をおもいます。
瀬田の唐橋。
瀬田の長橋。
瀬田の唐橋をよく知るための勉強へと今朝も行ってきました。
何度聞いても、自分の縁のあるこの地の話、
たいへん楽しく学ばせていただきます。
壬申の乱。源平の戦い。明智光秀が渡ったとき…。
そうです。
瀬田の唐橋を制する者は天下を制する。と言うように、
戦のおりに、瀬田の唐橋の存在は大きかったようです。

擬宝珠がある、瀬田の唐橋。
当たり前に橋に擬宝珠があるように感じていますが、
日本中ひろしと言えど、擬宝珠のある橋はそんなに多くはないようです。
擬宝珠のカタチや色、書かれている文字などを拝見しますと、この橋が、宇治橋、現存しない山崎橋とともに、三古橋であった!!!ということを改めて感じながら、瀬田のこの地に架かる瀬田の唐橋の歴史を思います。
♪南京玉すだれ♪にもでてくる瀬田の唐橋。
どうぞ、刻々と繋がっている日本の歴史を感じながら、
日本を代表する名橋の♪~瀬田の唐橋を渡ってみてください。
戦のときに活躍した橋だけではなく、美しい姿の長い橋として知っていただくために、瀬田の唐橋をうたったうたをいくつかご紹介しておきたいと思います。
「引きわたす勢田の長橋空晴れてくまなく見ゆる望月の駒  藤原顕季」
「にほの海やかすみてくるる春の日にわたるも遠しせたの長橋  藤原為家」
「もののふの矢橋の船は速けれど急がば回れ瀬田の長橋  宋長」(もののふとは、武士のことですから、これは戦に関連しますね。)
「露時雨もる山遠く過ぎきつつ夕日のわたる勢多の長橋  近衛政家」
「五月雨に隠れぬものや瀬田の橋   松尾芭蕉」
「橋桁の忍は月の名残り哉  松尾芭蕉」(これは、石山寺へ行ったときに芭蕉が読んだうたで、多分、瀬田の橋の筈…)

瀬田の唐橋は、今日も、びわ湖を流れ出る瀬田川にかかっております。
また、皆様も、瀬田の唐橋のうたを詠んでみてくださいね。
そして、私に教えてください♪(数寄和あさだ)
f0203477_16115573.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
6月24日午前10時より地鎮祭の予定です。
祈祷殿造営に関する地鎮祭は古来より伝わる古式に則った、現在では行われていない作法で実施することとなっています。
ご興味あられる方は、ぜひ、賀茂神社へ。

・パントマイムといえば、伝三Fさん。
ヨネヤマママコさんの御弟子さんだった伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
七夕の7月7日午後7時7分から、京都・法然院にて「蜘蛛の糸」が伝三Fマイムでご覧いただけます。
ご予約先FAX0798-70-7269

・7月7日夜は、大阪でも楽しいイベントがあるようです。
私の元に声は届いてくるでしょうか。
「渡っていくか、声!!」
詩人の今野和代さんからのお知らせを頂戴して、やはり、皆様にお伝えしておこうと思います。

・数寄和からの展覧会のお知らせです。
「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和 大津
会期 = 2012年 5月30日(水)~ 6月23日(土)
時間 = 11:00~18:00 休廊 = 火曜、6月2日3日
住所 = 滋賀県大津市神領3-2-1
TEL 077-547-3209
FAX 077-547-3208
対話型鑑賞をご希望の方々には、3名以上でお越しいただけるとありがたいです。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございました。(数寄和あさだ)
f0203477_16123474.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-06-20 16:13 | ふるさと | Comments(0)
<< 「田中明子展」数寄和大津へお越... バラ科サクラ属の実の桜坊(さく... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧