すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

石山寺秋月祭♪、伝三F「過ぎ去りし句読点 第二章」、数寄和の「lyric - 林百合子・根本佳奈 2人展」  

29日より数寄和大津ギャラリーでは展覧会が始まります。
29日そして次の30日、「石山寺秋月祭」能管の野中久美子さん、チェンバロの澤朱里さん。
お二人ともよく存じ上げていて、お聴き出来たらな…♪と今から、楽しみにしております♪
f0203477_15143711.jpg

画像は、葉書軸に古代文字「生」を書いた葉書。
こんな風に書かれた文字…書き言葉は残ります。
音楽からいただくもの…
消える話し言葉も、ステキでありたいな…
誰かの心に響くような…そんな素敵な話し方は、どうしたら体得できるのかな??
一つの楽器から出てくる調べ。笛の音は、どうして、心に響き渡るのだろう…??
笛の音。野中さんの吹かれる能管の音色は、お月様も喜ばれることと思います。
澤さんの弾かれるチェンバロの響きは、古典を大事にしてきた西洋音楽の素晴らしさを味わう事が出来ることと思います。
古典!!そうです。様々なものは、古き良きもの、そして新しき良きものへと繋がっているのだと思います。
まずは、石山寺秋月祭のお知らせですので、詳細も♪
http://www.ishiyamadera.or.jp/ishiyamadera/gyouji/shugetsusai/

石山寺と数寄和大津ギャラリーは、
瀬田の唐橋の西と東。つまり瀬田の唐橋で繋がっております。

ぜひ、数寄和にもお立ち寄りいただき、若手作家の力作をご覧いただけますと、幸いです。
数寄和大津http://sukiwa.net/otsu/
f0203477_1515622.jpg

さて。数寄和ギャラリーの今展の展覧会中には、長い付き合いのパントマイムの伝三Fさんの公演が神戸にてあります。
「過ぎ去りし句読点…」
想えばー。
第一章とは表現されていなかった作品「過ぎ去りし句読点」。
その公演を、今から、30年ほど前に、神戸のギャラリー「白い壁」さんにて拝見したのが、伝三Fさんのマイムとの出会いでした。
このタイトルがとても気になった私。
神戸の長い坂を登って「白い壁」さんへ行きました。
白い壁。そして黒い衣装の伝三Fさん。
素敵な舞台でした。
パントマイムというと無言劇。
言葉が無い。ゆえに…たいへん詩的に心に残っています。
音楽も言葉が無い。そして、美しい響きがあります。
書き言葉。文字。
それとは違い、消えてなくなると思いがちな話し言葉。
でも、本当はどうでしょうか。
心から、身体を響かせ、語られた言葉は、心にずっと残りますよね。
素敵な歳の重ね方をすると決めている私としては、
自分らしい話し方が出来るよう、
美しい調べの音楽や
そして、身体全体でおしゃべりしているパントマイムを、これからもいっぱい楽しみたいと思います。

皆様、この秋の「過ぎ去りし句読点第二章」を神戸の町で、どうぞ♪
…詳細です♪
伝三Fパントマイムディスタンス「過ぎ去りし句読点。第二章へ」
10月6日(土)昼3時~  夜7時~
10月7日(日)昼2時~  夜6時~
会場:神戸三宮 イカロスの森
前売り2000円 当日2500円
<予約方法>
FBへのメッセージもOK
FAX0798-70-7269
PCメールdenf@guitar.ocn.ne.jp
各回、定員40名ですので必ずご予約をお願いいたします。

会場:神戸三宮 イカロスの森
神戸中央区琴ノ緒町4-7-9
関西ビル3F
TEL078-242-1204(TELは当日のみ)

イカロスの森ホームページ
http://www.ikarosu.com/

今回の公演は伝三Fのキャリアの集大成にして新たな出発点となる新旧のコミカルでアイロニーを秘めたオムニバス作品集とのことです。
今回は腹を抱えて笑ってもらえるような舞台づくりに、現在、伝三Fさんは、最後の追い込みのようです♪

画像は、葉書掛け軸に、伝三Fさんが描かれた公演お知らせの葉書。そして、もう一枚の葉書には、私の書いた「生」です。

作品が生まれる。感動が生まれる。
音楽も、パントマイムも、言葉も、そして「絵」も♪

古代文字「生」は、木が生えるカタチからできたようです。
地球って、やはりいのちの星ですよね♪
f0203477_15155623.jpg

…で、古代文字の「果」。
木に実がついていますね♪

生まれた人、一人ひとりには、きっと、こんな風に、
いっぱい実りがある♪
そう、思います♪
私もわたしの果を、皆様へご提供できるよう、益々精進したいと思います。(麻田有代)

それでは、☆数寄和ギャラリーの展覧会のお知らせです。

lyric - 林百合子・根本佳奈 2人展 -
東京 9月14日(金) ~9月23日(日)
大津 9月29日(土)-~10月8日(月)火休
「ギャラリーへ行こう 2011」の優秀賞受賞者
林百合子・根本佳奈の2人展を開催いたします。
瑞々しい感性をぜひお楽しみください。

数寄和
9月14日(金)~ 23日(日)
11:00 ~19:00 無休
初日17:00 ~オープニング
杉並区西荻北 3-42-17
Tel 03-3390-1155


数寄和大津
9月29日(土)~ 10月8日(月)
11:00 ~ 18:00 火休
10月5日(金)は20:00迄
滋賀県大津市神領 3-2-1
Tel 077-547-3209

皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和あさだ)
f0203477_15165099.jpg

数寄和からのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

9月8日より三井記念美術館様にて、
建部大社の女神さまにお会い頂けるようです♪http://www.mitsui-museum.jp/

東京では西荻の数寄和へもぜひぜひ♪足をお運びください。
「La Voix Des Poètes 詩人の聲」 第833回 出演:白石かずこ
2012年10月8日(月・祝) 15:00 開場 15:30 開演
会場 数寄和(すきわ) 東京都杉並区西荻北3-42-17
☆同じく、西荻の数寄和の展覧会情報
シーズプログラム東京 第4回
阿部彩葉子 「千年」
10月5日(金) – 10月8日(月)
11:00~19:00 最終日14:00まで
詳細は、数寄和ホームページにてhttp://www.sukiwa.net

さて、近江のお知らせに戻ります♪
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_12381534.jpg

朝焼け 夕焼け 葉書かけ
地上へと まっすぐ生える木をかく
その木があるから 

美味しい空気がある
宇宙を越えて、とどく金色のお日様の光をいっぱい浴びながら
木の生が大きくなる
ので
人も猫も亀もトンボも
それぞれ の いのちを生き
それぞれ の 今
が 
ある 

♪数寄和のオリジナル葉書掛け軸の葉書に心を込めて生を描く♪(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-09-23 15:22 | すきわ日和 | Comments(0)
<< lyric - 林百合子・根本... 逢坂の関と、勢多(瀬田)の唐橋... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧