すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

正倉院展の始まった奈良にて♪秋の風がふく古都を歩きながら、想う。

暑かった夏が終わり、急に寒くなりました。
お変わりございませんか。
数寄和大津ギャラリーでは、現在、日本画の常設展。
お立ち寄りくださいませ♪
f0203477_1427267.jpg
f0203477_14274395.jpg

今年も正倉院展の季節がやってきましたね♪
奈良国立博物館を目指しつつー。

…あっ!あんな高いところの鳥居。
どの神様をお祀りされているのかしら…
手力雄神社。春日大社の末社のようです。
大きな木があったそうです。
その木が倒れ、その木を使ってたくさんの牛舎となったそうです。
そして、感謝の気持ちで、お社を建立されたようです。
お日様の光が、境内いっぱいに降り注いでいます。
f0203477_14282947.jpg

猿沢池あたりを、歩きます。
f0203477_1429551.jpg

f0203477_14293338.jpg

f0203477_143024.jpg

…急いでいる割に、写真を撮りながら、歩いております♪
鳥居を越え、まもなく博物館。
あ~れ~~~~
近づきすぎですよ♪
f0203477_14303195.jpg

今年の正倉院展も楽しく拝見させていただきました。
光を受けながら…ガラスって、ほんと美しいと思います。
正倉院展では、モノづくりの素晴らしさに感嘆する人の心が、
展示会場に溢れています。
心を込めてつくられたモノは、人の心に感動を与えます。
それは、どの時代でも変わらないように感じます。

古事記にある、天の岩戸に御隠れになったお日様の神様の天照さまに岩戸より出てきてほしい、八百万の神様はご相談されます。
たいへん思慮深い思金神が考えます。
長鳴鳥を鳴かしー…。
鍛人天津麻羅が矛をつくります。
伊斯許理度売命が鏡をつくります。
玉祖命が玉をつくります。
天手力男命が戸の脇に隠れ、天宇受売命が踊り始めます。
天照さまが、様子を伺い…眩しい方に気づかれます。
これは、もちろん天照さま自身が鏡に映っているのですが。

天手力男命は、力の神様。
天照さまの手を引いて、岩戸から引き出されます。

ここで、天手力男命というと、今回の記事で、高い鳥居のあるお社の名前を思い出します。
手力雄神社でしたね。
伝えられている話では、大きな木は、牛舎となり、役立ちました…なんとなく力強い話で、それに感謝されて建立されたお社の神様が、力の神様だとしても、不思議ではありませんね♪

日本においでの八百万の神様は、それぞれの力を持っておいでです。
鏡職人であったり。
その時代にも、それぞれのモノづくりを大事にされていたということ。
そして、神々のそれぞれの役割をしっかりとされることで、
天照さまが、岩戸より出てこられ、新しい朝がやってきたような…そんな清々しいお話を今日にも伝わっているように思います。

この時代も、モノづくりはあります。
人々が、それぞれの力を、しっかり出すことで、よい仕事ができるように思います。

足をお運びいただく人の心に光を射す絵を展示させていただいているギャラリーの仕事…私も頑張ります!
額装・軸装・ギャラリー・手すきの紙
作家の方々、職人の方々、それぞれの仕事の素晴らしさを、ちゃんと、お伝えしたいと思います。(麻田有代)
f0203477_14311142.jpg

それでは数寄和からのお知らせです。
先ずは、西荻の数寄和より♪
・「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第850回 
出演:たなか あきみつ
2012年11月17日(土)15:30 開演
http://sukiwa.net/wordpress/archives/961

・徳島県立近代美術館では、
「墨と紙の生み出す美の世界展」が開催中。
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

9月8日より三井記念美術館様にて、
建部大社の女神さまにお会い頂けるようです♪http://www.mitsui-museum.jp/

さて、近江のお知らせに戻ります♪
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_14315338.jpg

日が暮れるのが、はやくなりましたね。
月夜の美しい瀬田の唐橋。
塗り替えられた瀬田の唐橋を、もうご覧になられましたか。
瀬田の唐橋を渡られましたら、数寄和へと、ぜひお越しください。お待ちしております。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-10-31 14:32 | かたち | Comments(0)
<< 奈良では正倉院展。やはりシカさ... 神無月・神在月の熊野詣での旅♪... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧