すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

馬場精子さんの朗読を梅花女子大のチャペルアワーで♪

朗読家の馬場精子さんは、ときどき数寄和へ絵を観にきてくださる。今年の春の斉藤典彦先生の展覧会にもお越しいただいた。秋の二人展にも♪
梅花女子大のチャペルアワーで、朗読家馬場精子さんから幻の歌人石上露子さんと出会わせていただいた。
f0203477_17315995.jpg

もうすぐクリスマス。
というには少し早いかもしれませんが、京都駅のクリスマスツリーを観て、もうすぐクリスマスだな♪と思っていました。
…クリスマスって?
わたしの想うクリスマスは、いい子だけではなく、どの子にもサンタさんが、その子にぴったりのプレゼントを持ってきてくださるというもの。
もちろん子ども心が健在する大人にも♪
もちろんもちろん、私には、毎年、サンタさんがプレゼントを持ってきてくださっているように思います。
今、想えば、そうなのです♪(ひょっとして意固地になっているのかな?と自分をあきらめていた・・・自分に対する愛が弱まっていた時は気づかなかったのだけど・・・)
誰かにとってのいい子でなくても、私がわたしを大事に生きていくように、サンタさんになりすましている神様は、わたしのことが大好きですよ♪とプレゼントを持ってきてくださいます。
つまり、いい子でなくても、どの子にも、どの人にも、サンタさんに成りすました神様は、あなたはあなたでよいのです。それで素晴らしいのです!と伝えてくださるのだと思います。

梅花女子大のチャペルアワーへ出向きました。
小高い丘の上にある、この学び舎は、ときどき虹が出るらしく…
春には梅が香り…どの季節も花香る学び舎のようです。

朗読家の馬場精子さんが、今回、朗読されたのは、この学校ご出身の歌人の石上露子さん。
石上露子生誕130年ということで、同じく明治の女性歌人の与謝野晶子さんとも交流のあったというこの歌人の生涯もたどりながらの馬場さんの朗読は、聴く人の心をたいへん揺さ振りました。
馬場さんのブログ♪をぜひぜひ♪♪
http://ameblo.jp/readinghitoha/

馬場さんの朗読が終わり、石上露子さんの、少し哀しい人生を想いながらー
牧師様でもいらっしゃる梅花女子大の素晴らしい声の持ち主の先生とともに讃美歌を歌いました。
その讃美歌は、鳥もいなくなった冬に、イエスさまがお誕生になったというような…
希望の歌です♪

そう、石上露子さんは歌人でした。そうして今も、私たちは、その時代を、その人生を生きた石上露子さんの歌に触れることができます。
今を生きるわたしたち。
大好き♪ということが出来る自由があります。
自分の言葉を持ちたいと思います。
ひとの言葉に耳を傾けたいと思います。
生きるっていうことは、きっと素晴らしいのだ!と、チャペルアワーで、朗読家の馬場精子さんの朗読を聴き、石上露子さんと出会い、チャペルアワーのあった梅花女子大の、屋根の上の鳩をみて、石に刻まれた言葉をみて、夕焼雲をみて…しみじみと思いました。

数寄和大津の展覧会で絵と出会った人の中にも、多くの人が渡ったことのある瀬田の唐橋を渡りながら、琵琶湖から流れる唯一の瀬田川をみながら…さまざまな事を感じて頂けているように思います。

芸術は、人がカラダだけではなく、心や魂があるってことを気づかせてくれます。
人はどうして二足歩行になったんだろうか?この両手がすることについて考えます。
今という今に発するだけではなく、人が言葉を刻んだことについて考えます。
言葉だけではなく絵を描いた人たちもいます。
人が人となるために、
人が人として生きていくために、
芸術は人の歴史とともにずっとずーっと存在してきたのだろうと思います。
馬場精子さん、すてきな朗読をお聴かせいただき有難うございます♪
今の今を生きる馬場さんの温かみのある声、それを聴くわたし。
なんとも有り難いことですね。
そう、梅花女子大の屋根の上にいるハトさん♪きっとどの子にも素敵な今がやってきますね♪
クリスマスがもうすぐやってきます♪(麻田有代)
f0203477_17342274.jpg
f0203477_17344964.jpg
f0203477_17344738.jpg

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展を開催いたします。
東京 2012年12月2日(日)―10(月) 初日16時から
大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
師走ではありますが、ぜひご覧ください。

数寄和大津ギャラリーでも、西荻の数寄和の壁面にも、常に素敵な作品が展示してありますので、
ぜひお近くをお通りの際には、お立ち寄りくださいませ。絵をみる楽しい時間を過ごしてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

・西荻の数寄和では詩を聴く会を定期的に開催しております。2012年12月1日(土)
「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第856回 
出演:稲葉真弓さん
詳細は数寄和HPにてhttp://www.sukiwa.net/ 


大切なお知らせのお知らせです。
・徳島県立近代美術館では、
「墨と紙の生み出す美の世界展」が開催中。
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市へ♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_17363094.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-11-28 17:36 | ことば | Comments(0)
<< 「墨と紙が生み出す美の世界展」... 近江は余呉湖へ。よごいち♪をし... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧