すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

人とひとは、どうして会うんやろ・・・?と思わず呟いた…

f0203477_14223894.jpg
気になっていた京都・粟田神社へ。坂を上った境内から、平安神宮の大鳥居を観ながら、京都は盆地なんだなと、おもう。
そんなこんなで思ったより大津に戻る時間が遅く…だから出会ったひとがいた。
f0203477_14224258.jpg
f0203477_1423012.jpg
f0203477_1423577.jpg
f0203477_14232298.jpg
f0203477_14233016.jpg
f0203477_1423585.jpg

京都・粟田神社の石碑がたいへん立派で、この間も写真を撮っってみましたが…。
どう考えても、坂を上がっていく境内へは、午後5時までには、間に合いそうもない。あと、1分ぐらいだったでしょうか…
そんなこんなで、今度また来ます。と、小さな声でいいながら、石碑を撮ってはみたものの、なんだかブレブレの画像となりました。やはりお詣りもせず、お写真だけなんてよくないですよね♪

数寄和大津ギャラリーの定休日。近くに御用が出来た日。
親しい作家さんからのご案内片手に京都のギャラリーへと向かいます。
大津の新しいギャラリーでは、いつもお越しいただく方の展覧会があり、此処にもこの日に行く予定。

粟田神社へお詣りは、どうも時間が無さそうだな。また今度…と、おもいきや!ちょっと待ちな!!!!!と目の前にある鳥居と石碑から聴こえてきたような気がして、やはりお詣りさせていただくことにしました。
坂の前に、何台かの自転車があります。坂から下りてくるひと。
絶えずひとがお詣りされているようです。

御祭神は、スサノオさま。大己貴命さま。
此処は粟田口とよばれ、京の七口の一つに挙げられるようです。
京都の東の出入り口に位置していて、この神社で、人々は旅の安全を祈ったようです。
東海道や中山道へとつづき、都から旅立ち、また都へと戻るときに旅立ちの神様にお祈りされたようです。

…坂を下りながら、鍛冶神社がありました!
祇園祭ともご縁があるようで…
京都だから観る風景がありますね…
しばし都もおもいます。
…前回の記事のような、鳥たちとの出会いもあった日。

そんなこんなで、予定より、随分遅くに到着した大津のギャラリーで、懐かしい人に会いました。
前にはよく京都であった人と、ばったりと大津で会いました。
「人とひとはどうしてあうんやろ?」と思わず呟いてしまっていた私。
あっちこっちへと立ち寄りながら此処に来たことを思いだし、なぜか、会うべきして人と人は会うんだな…と思わずにはいれなかったのです。
おそらく…遠い昔、いにしえに旅に出た人も、さまざまな…人を想いながら、人との出会いを想いながら、想われたことでしょう。人と人は会うんだな。って。しみじみ想われたことでしょう。都での生活。旅の生活。人とひとの出会い。
そう、人とひとは会うんですね。
…そういうと神社で迎えてくれる狛犬さんは、阿吽!ですね♪(笑)きっと、あうべきその時にあうんだなぁ~♪と、しみじみ想うのでありました♪~(麻田有代)
f0203477_14242557.jpg

数寄和からのお知らせです!
好きなことば、好きな絵が書かれた色紙をすぐに掛けられる色紙掛軸は、すぐれもの。
現在数寄和大津ギャラリーでは、「軸装273×242」展を開催中。
今展、数寄和大津へ足をお運びいただく皆様には、
亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生の作品を存分に味わっていただきたいとおもい、作品を引き立てる色紙掛軸とともに展示されています。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1015
ぜひ、お越しください。お待ちしております!

さてさて。数寄和の2月の展覧会は「春の調べ」展です。
梶岡百江先生、関田比佐子先生、斉藤佳代先生、山名しおり先生の4人の女性作家の方々の作品が並びます。
http://www.sukiwa.net/otsu/
芽吹く春を一足先に皆様にお届けする展覧会「春の調べ」。
ぜひ、お越しください。
一枚の絵をもっともっと味わいたい方々のために対話型鑑賞会も予定しております。
古来より日本では歌好き茶好きという方々がおられたということを想いながらー
…絵好きにもさまざまあるだろうと思う今日この頃です。
ひとり静かにゆっくりと絵を楽しむために、気に入った絵を買って自分の部屋に飾るひと。
家族の大事な思い出となる絵を楽しみたく、家族団らんの部屋に飾るひと。
大事なお客様をもてなすために客間や玄関に飾るひともおありですね。
地球の上には実にたくさんの絵があり、よい絵だと聴くと、まず足を運ぶー絵を愉しむために人々とともに絵を観る空間へと足を運ぶひとがおいでだろうと思います。
作家の眼を通して心を通して頭を通して手を通して
出来上がった作品の一枚の絵。
その絵をみることが、どんなに人生を豊かにすることかを、
絵を味わいながら感じていただけたらな♪と思います。
皆でワイワイからはじめようと思う人、ぜひ対話型鑑賞会へ♪
絵数寄人になってくださいませ♪

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_1426780.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪
数寄和大津もいます♪2月は17日ですよ♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。
f0203477_1427339.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-02-01 14:29 | ひと | Comments(0)
<< 節分の日 近江一之宮 建部大社... 2013 とりのうた♪ >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧