すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

白い日に♪ー白い雲を思い出しつつ…白い石をおもう。

「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作るその八重垣を」
出雲の空にあった雲をふと思い出しながらおもうこと。
あの時のあの雲は今は無いだろう。出雲でみた石はおそらく観たままのように刻まれた文字と共にあるだろう。
f0203477_14132174.jpg
f0203477_14134555.jpg

雲って不思議な存在。
お日様を隠す。
暑い夏のお日様が雲に隠れたら、少し嬉しい気分になる。
三日月に流れる雲がかかるときには、目が満足する。
雲の動きをみていると、風が見えているような気がする。
雨雲の向こうには青空があるんじゃないかな?とモヤモヤしている自分の心のなかにある希望が見えてくる。
雲って不思議な存在。
出雲では、不思議な雲をみた。
スサノオが詠んだ「八雲たつ…」
おそらくこんな雲だったように思う。そんな雲に会った。

カタチを変え、居場所をかえる雲は、
歌いたい!・話したい!人の心が声になった時に似ているようにも思う。
この柔らかなカラダを通した言葉は、少しずつカタチを変える。少しずつ居場所も変わっていたりする。

石に刻まれる言葉…文字はカタチを簡単に変えることはなく、此処にある石の、やはり此処にある。

何故か、この石が此処にある。
そう、此処にあり、此処がどこか、この先がどこか、教えてくれる。道案内をしてくれる。
石にはそんな大切な役目がある。
そういうと道となった石の階段を思いながらも、石は、この地球で道案内の役割をしていてくれるような気がしてきた。

今日は、ホワイト・デー♪
白い日に、道案内の白い石を思い出した!

二足歩行になった人は、道を道といい、道と書き、道を歩いた。手に杖をもって歩いた。
空高く昇ったお日様の光が、道に降り注いているではないか♪~歩こう♪そう、歩こう♪~(あ)
f0203477_14142860.jpg
f0203477_14144888.jpg

数寄和では、3月15日より「日本画の色」展を開催いたします。本社(西荻)にての開催です。
展覧会の詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪
数寄和大津もいます♪3月は17日ですよ♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_14152985.jpg
f0203477_14155468.jpg

出雲では、大きな石が、木の根っこに支えてもらっていた。
まあるい地球では、支えたり、支えて貰ったりしながら、あるあるある♪~
真っ赤なお日様の昇る朝をある石がある人がある雲が迎える。
オレンジ色のお日様がお休みという頃にはすこしずつ紫色に染まりだした空にすまし顔のお月様が出ておられる。
地球では、みんなが、主人公であるようであるのである♪~(あ)
f0203477_14223842.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-03-14 14:16 | ふるさと | Comments(0)
<< 底ひをおもふ。 見えるということ。聴こえるとい... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧