すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

「小さなモグラ君、がんばる」が、伝三Fさんのマイムでご覧いただけまする♪♪(7月12日法然院にて)

真っ赤な葉書が届いた。封筒と一日遅れて。
パントマイム:伝三F、語り:久保直子
7月12日午後7時、京都法然院にて。
「如月のホタル」と、「小さなモグラ君、がんばる」
f0203477_14561523.jpg

真っ赤な葉書に、伝三Fさん。
伝三Fさんの両側に、演目のタイトルがある。
ホタルも、モグラも、夜活動する、いのち。
如月というと、正月(一月)と弥生(三月)の間の二月。
寒い季節…、冬の夜空は透きとおる空気がある。他の季節にはない透明感がある。
その中を、小さないのちであるホタルの光…。
タイトル「如月のホタル」を思うと、透明感のあるお話のようである。
土にトンネルを掘りながら生きているモグラは猛獣と同じ哺乳類であるが、その身体は小さい。
その小さなカラダの割にはトンネルを掘る手がとても大きく、眼が小さい。カラダの特徴を知ると、なんだか働き者のような気がする。
「小さなモグラ君、頑張る」の原作は、わたし。
去年、ギャラリーに来てくださったお客様には、絵本作家になるのが夢なのです。というお百姓さんがいた。
その方から、サツマイモを栽培しているとおききし、畑には、モグラが現れるともおききしながら・・・・
うちの娘が小さかった頃、幼稚園から、サツマイモ掘り遠足に行ったり、父の友人の畑に家族で何度となく行った、楽しい思い出を
思い出して、ココロがいっぱいになって、おはなしを書いた。
大きなおイモは、数日、新聞紙の上で乾かした。それから、お福分けを、娘のピアノの先生やら、近所のひとに、配る。
大きなおイモを持ってピアノのレッスンに行った娘が、「先生が、大きなおいもね。何にしようかしら。と、言っていたよー。」という。
ひとつの収穫は、別の収穫をよぶ。
娘とほかの人の会話を聴くのが、面白かった。
家の小さな人がいると、大人だけではない、楽しい経験や会話がある。
…ちょっと、横道にそれましたので、軌道に戻しつつ…。(笑)
さて。
7月12日の夜。京都法然院での舞台をおもいつつ。
パントマイムは、無言劇。
コトバを使わずに、身体表現で、会話をする。
無いものを、あるように、表現する。
無いものを、あるものとして扱ったり、話さないのに人と対話するのだから、
それを表現するマイミストには、言葉を使う以上に、人と関わるハートと、
そのハートを表現する身体が、必要なのだと思う。
伝三Fさんと付き合いの長い私としては、皆さんに、伝三Fさんの秘密をお伝えしたいとおもう…。
伝三Fさんは、見えないハートを見えるものにするのが、とても上手い。
それから、伝三Fさんは、ハートをいっぱい産みだす。まるで、鶏が卵を産むように、ハートをいっぱいいっぱい産みだすことができるようだ。
わたしは、この30年の付き合いのなかで、伝三Fさんの産みだしたハートをいっぱい目にした。
伝三Fさんは、ハートと花を、舞台の終わりにいっぱい産みまくる。
そして、、舞台を観た人にプレゼントする。
おそらく…、この夏の法然院でも、伝三Fさんは、ハートと花を産むだろう。
…まてよ。
ひかりの花を産むような…。そんな気がしてきた。
「如月のホタル」は、伝三Fさんが書いた作品。
語りを、久保直子さんがされる。
ラジオのお仕事をされている、言葉のお仕事をされている、久保直子さんは、実は、伝三Fさんの奥さんである。
夫婦で、一方は無言であることで人へ投げかけ、一方は饒舌であることで人へと投げかけると、いう、面白い夫婦である。
ステキな夫婦である♪♪(笑)
f0203477_1457594.jpg

伝三Fさんは、ヨネヤマ・ママコさんのパントマイムを子どもの頃にみて、
マイミストになろうと思って生きてきた。
ヨネヤマ・ママコさんの内弟子でもあった。
7月12日に、小さなモグラ君と会える。嬉しいな♪♪
美しいホタルの光にも。
楽しみやな。
どうですか。7月12日の夜は、法然院へ。
申し込み、お問い合わせは、
ファックス 0798-70-7269
PCメール naonao7269?yahoo.ne.jp(?を@に変換してください)
f0203477_14573792.jpg

現在、数寄和大津ギャラリーでは「景・宿る 細川貴司」展を開催中です。
展覧会は、6月30日まででございます。
27日の金曜日は、午後8時まで営業しております。
午後8時までに、ドアまで到着していただきましたら、
どうぞ、お気軽にお入りくださいませ。
もちろん営業時間は延長いたします。
昨日も、お越しいただいたお客様に、壁面に展示した大きな作品を長い時間楽しんでいただきました。
画像では伝わらない、作品の魅力を感じて頂きました。
楽しんでいただいたお客様との会話も弾みました。
皆様に、ご覧いただきたい作品が並びます。
お気軽に、お越しください。
皆様のお越しをお待ちしております。
「景・宿る 細川貴司」展
数寄和大津 6/14(土)-6/30(月) 11:00-18:00 火休
         6/20,27は20:00まで
f0203477_14583113.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします。
☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。

☆近江からのお知らせです!
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(今年は、12年に一度の午年です!天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に♪ぜひ一度足をお運びください。)  http://kamo-jinjya.or.jp
現在、近江八幡にある最古の馬の守護神社、賀茂神社にて若山卓さんの作品を2点ご覧頂けます!

☆次回展のお知らせです。
中村寿生 ・ 若山卓 2人展
会期 7/14(月)-27(日)休廊 7/15(火)、21(海の日)22日(火)
中村 古民家再生 米栽培 楮栽培
若山 木こり 木曽駒の飼育
制作環境にまで意識を向け、
絵画制作を続ける2人の合同発表展です。
ぜひご高覧ください。(数寄和大津ギャラリー)
f0203477_14592768.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2014-06-21 14:59 | 美観 | Comments(0)
<< 一歩一歩。 明日は夏至。食するのは、蛸・・... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧